2011-02-13

天女降臨(24)

ソーマ天女様の親愛の贈り物
それは生美蘇/きみそ(天然酵素 薬膳味噌)です

この度、私(聖 四門)が開発した『生美蘇』は、
なぜ究極の『薬膳』だと言えるのか、
それは以下のような真理が実証しているからです。
人の生誕は産道で最初の常在乳酸桿菌に出会います。
赤子は羊水という少糖液乳糖成分等に守られて生きてきたのです。
臍帯を通して母親から直接栄養補給を受けつつ羊水という
少糖液乳糖成分等が胎児のバリアーとなっていたのです。
この羊水の養分である少糖液乳糖成分等
目指して乳酸菌達が大集合してくるのです。
乳酸菌の大好きな糖液だからです。
こうして産道で待ち構えていた乳酸菌達は瞬時にして
赤子にまとわりつき糖液を糧として乳酸を分泌し
ウジャウジャといる雑菌達を滅菌し赤子と母体を雑菌達から守るのです。
乳酸菌達は母親の母乳と赤子が母乳以外に
飲む人工乳ミルクを糧として繁殖し赤子の体内/腸まで届きます。
そもそも乳酸菌の役割は雑菌達の滅菌と繁殖抑止であり
『乳』という成分中の『糖分』を各種アミノ酸や各種ビタミン、
脂肪酸に『合成』する酵母菌を呼び寄せる為に、
雑菌達を、その分泌する『酸』で追っ払うのです。
『酸』に強い酵母菌は『乳』が含有する糖を分解して
前記アミノ酸、ビタミン、脂肪酸という
必須栄養分を作り出し赤子を育てるのです。
ですから人の生体は出産直後から乳酸菌と酵母菌のお世話になるのです。
酵母菌は酸素がたくさんある所では前記栄養分を作り、
酸素が少ない所ではアルコール発酵してエタノールを作るのです。
さて乳酸菌ですが赤子が乳呑児の時をピークとして
徐々に母体からも赤子からも離れていき、
又別の妊婦や乳呑児を求めてさまようのです。
乳酸菌は乳呑児から乳幼児には90%前後腸内細菌叢を
占めていますが離乳期を過ぎると極端に減少し、
10代の乳酸菌比率は50%弱、20代では22~25%になり、
30代では18%~20%、40代では12%~15%、
50代では5~8%、60代を過ぎると1%~5%にまで、
年齢と共に減少してしまうのです。
重要なことは人の『生老病死』に直接関わっている酵素が
40歳まで100%。その後徐々に減少していき70歳では50%となり、
40歳以降の生体酵素の減少こそが、老化の原因。(米国エドワード・ハウエル博士)
とされている事からも、乳酸菌の減少と深い関わりがあるのです。
つまり乳酸菌が減少すると『酸』がなくなり雑菌が繁殖して
酵母菌の糧である糖分を食べつくし、
結果、酵母菌が生成するアミノ酸やビタミン、
脂肪酸が作れず、生体の栄養バランスが崩れて行き、
生体酵素が失活して老病の温床となるのです。続く。
スポンサーサイト

2011-02-13

人類滅亡の元凶

ソーマ天女様の親愛の贈り物
それは生美蘇/きみそ(天然酵素 薬膳味噌)です

人類滅亡の元凶
(不健康長寿国日本)

私(聖 四門)は、天女降臨(7)で日本は世界一の
『殺人天国』『堕胎天国』『人買/ひとかい天国』であると述べ、
更に天女降臨(22)で日本人の平均寿命は女性86.44歳、男性79.59歳で
世界トップレベルの長寿国であると言いました。
全て真実なのですが、日本人の『長寿』こそが『人類滅亡の元凶』
である事を更に言わざるをえないのです。
生活習慣病の罹病率は日本は世界一です。
そもそも生活習慣病なる『語彙』が世界にはないのです。
とりわけ、生活習慣病の代表である『癌罹病率』は日本が世界一であり、
次に、自殺率も世界一であり、『寝たきり老人』もダントツの世界一なのです。
私はこのダントツの世界一である『寝たきり老人』の予備軍が、
これ又ダントツの世界一である事を大声疾呼するのです。
つまり日本人の老後は殆んど全ての者が『寝たきり老人予備軍』と
『寝たきり老人』で、これが日本人が『長寿』であるという実態なのです。
結果、日本の医療費の老人割合は世界一となり、
税収の大半は老人医療に消えていくのです。
どの病院に行っても老人達で一杯です。
病院に『安堵の場』を求めて暇つぶしにやってくるのです。
なんでこうまで日本の老人は病院が好きなのでしょう。
この現象こそが『人類滅亡の元凶』なのです。
『長寿』という事は『健康』でなくては全く意味がありません。
病院を終の棲家と思っている人は、既に自律神経が失調している
『病人』であって、この種の老人が病院を『安堵の場』として集まってくるのです。
日本は確実に老人医療費の天文学的且つ
幾何級数的拡大によって破産してしまいます。
なぜ、こんな『寝たきり老人予備軍』と『寝たきり老人』
世界一の国になってしまったのでしょう。
因みに『寝たきり老人』の世界平均はスウェーデンの4.2%とされ、
それに引きかえ日本の『寝たきり老人』は、なんと33.8%と、
3人に1人の老人は『寝たきり老人』になり、残る3人に2人の老人は
『寝たきり老人予備軍』として病院を
安堵の場』として毎日且つ定期に通うのです。
これは武見太郎が『医は算術』の元に
国民皆保険制度を作った事に端を発しているのです。
日本人の平均賃金が時給五百円の頃、
医師の平均時給は二万円でなんと40倍強の差があったのです。
そして医師は『儲かる』商売として粗製濫造され、
医は益々算術となり点数制となり不正診療請求となり、
今の『寝たきり老人予備軍』と『寝たきり老人』を作ってしまったのです。
日本人は直ちに『医食同源/薬膳』と『医は仁術』に戻らない限り、
この悪しき『医は算術』が人類を滅亡に追いやるのです。

2011-02-10

天女降臨(23)

ソーマ天女様の親愛の贈り物
それは生美蘇きみそ(天然酵素 薬膳味噌)です

      生体力活性
天然酵素 生美蘇 薬膳味噌 
  糀菌・酵母菌・乳酸菌

生美蘇/きみそ』はなぜ価値があるのでしょう。
どこが一般味噌と違うのでしょう。
一般味噌は糸状菌といわれる「カビ」の一種である『麹菌』が主役です。
この『麹菌』は、少ない水分量でも25℃~30℃を適温として活発に生育します。
50℃前後になると菌体は死滅しますが、
分解作用は60℃くらいまで有効に働き続け、
胞子/芽胞』は65℃~70℃前後まで5分から10分間生き続けます。
役割は『分解』です。
問題はこの『胞子/芽胞』の耐熱性の強弱なのです。
一般細菌の『胞子/芽胞』は耐熱性に強く100℃~135℃まで
数分間から数時間は死滅しません。所が一般味噌で使用されている
麹菌や酵母菌の『胞子/芽胞』は上記の通り耐熱性が弱く
70℃前後で死滅してしまいます。
私(聖 四門)の実験によれば、『生美蘇/きみそ』を、
味噌汁一杯分16gをお碗に入れ、具として
天然酵母パン(一斤を8枚切りにしその一枚を4分割した一片)10gを入れ、
100℃弱の熱湯を160cc注ぎ『生美蘇/きみそ』が溶けるまで
約40秒弱軽くかき混ぜ、味噌汁として最初に口に含む時点で70℃弱、
一拍して(ご飯を食して)2回目に口に含む時点で60℃弱、
更に一拍して3度目に口に含む時点では50℃弱、
4度目に口に含む時は40℃弱で、
味噌汁を飲み終わるまでの所要時間は数分間に過ぎません。
結局食事中に占める味噌汁の飲用時間は5分前後なのです。
要するにこの5分間の温度差で麹菌や酵母菌は
死滅してしまうのかということなのです。
一般味噌では100℃の熱を加え40秒弱かき混ぜると、
温度は80℃前後までは下がるものの、死滅してしまいます。
生美蘇/きみそ』は有益菌共生培養エキスにより
麹菌や酵母菌が耐熱性を強めて増殖してるので一般細菌同様死滅しません。
『死滅してしまう』一般味噌と『死滅しない』『生美蘇/きみそ』とでは、
有益菌が持つ酵素が腸で活性する度合いに雲泥の開きがあるという点で、
絶大な差があるのです。
有益菌を生きたまま腸まで届けることができるのが『生美蘇/きみそ』なのです。
味噌は、麹菌→乳酸菌→酵母菌の順で発酵します。
還元菌(麹菌が含有)により好気性雑菌の繁殖が抑えられ、
麹菌が大豆タンパクを分解して糖分を蓄え、
その糖分に乳酸菌が繁殖して乳酸を分泌し、更に雑菌増殖を抑え、
そこに強酸性に強い酵母菌が糖分を糧にして発酵し、
酸素があれば各種アミノ酸、各種ビタミン、脂肪酸を生成し、
酸素がなければアルコール発酵をもたらすのです。
生美蘇/きみそ』は天然酵母を強加しており
栄養分も一般味噌とは格段の差があるのです。
まずはご賞味を。

2011-02-09

天女降臨(22)

ソーマ天女様の親愛の贈り物
それは生美蘇きみそ(天然酵素 薬膳味噌)です

      生体力活性
天然酵素 生美蘇 薬膳味噌 
  糀菌・酵母菌・乳酸菌

人類の終末がひしひしと迫りくる最中にあって、
私(聖 四門)は何故、平均寿命『百八歳説』を称えるのか!
それは以下の理由があるからです。
人間には百八の煩悩(四門説 眼耳に付随する四苦36、鼻舌に付随する四苦32、
身意に付随する四苦36、+四苦)があるとされています。
もろもろの苦悩の火種がたくさんあるということです。
何故人間は苦悩するのでしょうか。
苦悩とは元来余分なものであるはずです。
ですからこの苦悩の火を消してしまえば鎮まるのです。
問題はどうやって苦悩の火を消すかということです。
この苦悩の火種が『業火』となっている状態が現代であり現在なのです。
私達の日常生活に『』はなくてはならない『』のまたとない連れ合いです。
然し『』は『火力』に変身し『火器』に変身し『火災』に変身します。
苦悩は火種が火災になって延焼している状態なのです。
ですから何としてでも延焼は止めなくてはなりません。
百八煩悩とは煩悩が火災を起こし延焼して一切衆生に対し
業火』となって襲いかかり『一切合切』に『苦痛』を与えている
『一切皆苦』の状態を例えた意味です。
自分一人が『苦悩』しているのは単なる種火で、
それがやがて火種となって他人にその火種を撒き散らし、
他人を巻き込んで更に大きく火種が飛び火し、
あたり一面が『火災』を起こしてしまった状態、
これを『百八煩悩の業火』というのです。
人間がこの『百八煩悩の業火』を『鎮火』すれば自ずと
『百八歳』までは生きられるのです。
人間の寿命は長いようで実は短いのです。
日本人の平均寿命は女性86.44歳、男性79.59歳で長寿圏の国でもあります。
然しとんでもない対価を払っているのです。
それは『生体力の失活』という代償です。
つまり、次の世を遺せない『出生率の低下』です。
男女共に生殖能力が低下してしまったのです。
これではいくら長寿になっても、それは本当の長寿ではありません。
そこに見えているのは『クローン』であり『人工人間』だからです。
やはり、人間は『終末』を迎えるべくして、
蠢いている単なる地球の寄生虫でしかないのです。
私の預言通り、このままでは西暦2045年8月6日までしか人類は生きられません。
このままでは駄目なのです。
●禁拝金●禁贅沢●禁肉食の三大禁火を即実行し
三大業火/拝金・贅沢・肉食』を鎮火することなのです。
それは、『三大業火』鎮火の妙剤、即ち、
生体力失活の現代人に最も必要な、
生体力活性の『生美蘇/きみそ』の『慈悲喜捨』です。
三大業火』の延焼鎮火を実行しない限り生母なる地球に見放されるのです。

2011-02-06

天女降臨(21)

ソーマ天女様の親愛の贈り物
それはbios aura生美蘇です

      bios aura
天然酵素 生美蘇 薬膳味噌 
糀菌+α酵母菌+α乳酸菌

私(聖 四門)の七十一年間の体験学と経験則から
『体調不良』の原因を突き詰めてみると、
やはり何と言っても『ストレス』がその第一だと思います。
『ストレス』は種々の外部刺激が負担として働くとき、
心身に生ずる機能変化。
ストレスの原因となる要素(ストレッサー)は
寒暑・騒音・化学物質など物理化学的なもの、
飢餓・感染・過労・睡眠不足など生物学的なもの、
精神緊張・不安・恐怖・興奮など社会的なものなど多様である。
適応症候群・警告反応。
俗に、精神的緊張をいう。
と「広辞苑」に出ていますが、
私は、この内特に精神的疲労の過負荷が
『ストレス』の最大の要因ではないかと思うのです。
極端な精神的疲労は『失恋』ではないでしょうか。
『失恋』は意味深長であり色々な事を包含しています。
恋する人に振られた時のショックは相当な精神的疲労をきたしますが、
むしろ愛する人に去られてしまうショックのほうが絶大でしょう。
人間の欲望は全てのものに対して、恋しているかいないか、
愛しているかいないかなのです。ですから恋するものがなく、
愛するものがないなら、ショックも精神的疲労もないでしょう。
人間が求めてやまない欲望は『不快は嫌だ!』という本能的性向なのです。
つまり『快適』『快感』『快楽』を、恋しているのであり、愛しているのです。
然し、この求めてやまない『快適』『快感』『快楽』は
繊細なガラス細工のように壊れやすいのです。
四六時中『快適』『快感』『快楽』が得られる事は、まずないからです。
『快適』が得られなければ『不快』であり、
『快感』が得られなければ『不快』であり、
『快楽』が得られなければ『不快』になるからです。
つまり『不快』は『ストレスのマグマ』なのです。
積もり積もれば『爆発』するのです。
今地球は人間達がもたらした数限りない
化学化合物』によって重大なピンチを迎えています。
地球も人間と同じように生きているのです。
そして人間と同じように『不快は嫌だ!』と叫んでいるのです。
地球にとって、『快適』『快感』『快楽』が得られない
不快指数』は最早極限状態にまで高まっているのです。
地球の『ストレスのマグマ』は爆発寸前なのです。
何が地球を『不快』にしているのでしょう。
それは人間という動物が、地球を我が物顔に
領得』する冒涜行為を恣にしているからです。
地球は人間のものではありません。
地球は地球自身のものであり、
地球という『個我/アートマン』の意中のものなのです。
軽薄才子の人間が食い散らかす『酒池肉林』の禁断の園ではありません。
もう人間は時間がないのです。
人間は自業自得によって、
恋し愛してやまない地球に捨てられる日が迫っているのです。
今をして、『生美蘇/きみそ』を食し心身を浄化しない限り
人類に『快適』な明日はないのです。

2011-02-05

天女降臨(20)

ソーマ天女様の親愛の贈り物
それはbios aura生美蘇です

      bios aura
天然酵素 生美蘇 薬膳味噌 
糀菌+α酵母菌+α乳酸菌

私(聖 四門)はオーラauraの存在を信じています。
広辞苑によれば「人や物が発する霊気ないし独特な雰囲気」と出ています。
それはそれでいいと思いますが、私のオーラaura説は以下の通りです。
先に結論を言います。
『オーラauraとは”梵我一如”の自覚と自律であり、宇宙世界に対する、
切観、切観、切観の一大親霊性切実魂である』という事です。
霊魂の存在を信じない人にはオーラauraはありません。
オーラauraは霊感であり、その霊感の反射力なのです。
鏡があります。歪みのない鏡は歪みのない実像を映し出してくれます。
光が反射する照破力も歪みがありません。力強く遠くまで光を届けます。
宇宙世界には『光』があります。
『光』は『梵天/ブラフマン』であり『鏡』は『自我/アートマン』なのです。
この『光』と『鏡』が一体となって初めてこの宇宙世界に『後光』が差すのです。
そして『梵我一如』になると、自分自身が『光』と『鏡』を具有する存在となり、
それは自覚を超越して自律まで光耀するのです。
そして宇宙世界が『一切』であり『大切』であり『親切』である事に気付き、
同時にこの『切』『切』『切』の『一大親』が『切実』に心身を包みこむのです。
そして創めてオーラauraを発するようになるのです。
オーラauraは『一大親霊性/切実魂』なのです。
宇宙世界の存在は『光』と『鏡』
即ち『梵我一如』の後光によって照らし出されているのです。
それは物質を超越した『霊魂』と言われる
錆びない曇らない歪まない『神妙』なる『生/き=気/き』の存在なのです。
宇宙世界は生きているのです。
全ての存在はこの『神妙』なる『生/き=気/き』が放つ
後光/一大親霊性/切実魂/霊魂によってあきらさまにされているのです。
ですから『親』の存在をどんなに否定しても、
否定すればする程『自己矛盾』の『闇』の世界にのめり込んで行くだけなのです。
霊魂の存在を否定する者は親の存在を否定しているのと同じなのです。
残念ながらこういう方にはオーラauraはありません。
鏡が錆びて曇って歪んでいるので光を反射する『力』がなくなってしまっているからです。
私は、『醍醐』を創り『生美蘇』を造りました。
『論より証拠』の感慨で創造したのです。
然し『時既に遅し』人類の終末は刻一刻と迫っているのです。
果たして、集大成の心身の『糧』として創造した『生美蘇』のオーラauraをもって、
人類の終末を回避する事ができるでしょうか!できるのです。
生美蘇』さえあれば人類は『生き残る』事ができるのです。
生美蘇』はbios aura/ビオスオーラを唯一体現している蘇摩天女様の贈り物だからです。