--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-24

「超人粉」 鎮魂歌(3)

  人類『存亡の危機』迫る

● 人類「存亡の危機」が迫っています。
  この一文は警鐘ではありません。神仏の「預言」です。

1 ユダヤ(イスラエル)イラン攻撃の弾頭が
  人類「存亡の危機」を早め人類は滅亡に向かいます。
  世界の核保有国は次の通りです。アメリカ(9400弾)、ロシア(13000弾)
  イギリス(185弾)、フランス(300弾)、中国(240弾)、インド(80弾)
  パキスタン(90弾)、北朝鮮(20弾)イスラエル(80弾)
2 ユダヤ(イスラエル)がイランを攻撃すれば、デキレース以外

  世界は確実に核戦争になります。

3 「核戦争」になると最初に核弾頭搭載の原子力潜水艦が被弾し
  地殻変動に火をつけ地震を誘発します。
4 マグニチュード8~の「大地震」が世界中を襲います。
  海岸線は怒涛の大津波で壊滅します。
5 世界中の休火山は一斉に「大爆発」し、全ての山々は焦土の地獄と化します。
6 「火」は全世界、津々浦々に飛び火し、
  燃える物は全て燃え尽くす紅蓮地獄と化します。
7 世界中の原発(原子力発電所)は崩壊し、
  死の灰(放射能)が世界中に飛散します。
8 「核保有国」の「核」は衝撃の末、連鎖爆発を誘発し、
  世界の大気は「死の灰」に覆われます。
9 人間は逃げ惑い、地中深く、更に地中深く、潜伏避難します。
10 地球は「火焔」と「死の灰」で覆い尽くされ
  「暗黒」の「黒い球」になり百年~太陽を遮ります。
11 地球は凍え、超氷河期を迎えます。
12 地中奥深くに逃げ込んだ一掬の人間(ノアの箱舟)
  聖餐(共食い)の末、自滅し全滅します。
13 こうして地球は「超氷河期」となってなんとか持ちこたえますが、
  人類は黄泉の国へ。
● 歴史を概観してみましょう。
14 西洋史の核は旧約聖書ソロモンの神殿を信仰する
  フリーメーソン(死の商人)が、ユダヤのファラオソロモン
  死と再生を狂信するあまりの、その事件史でした。
15 近代史においては、イギリス拠点の「フリーメーソン」が、
  清教徒に化けてアメリカに渡り、アメリカ全土に「フリーメーソン」の種を
  伝播し独立戦争を起こさせてからです。
16 アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンから、第44代バラク・オバマまで、
  殆んど全ての大統領が「正フリーメーソン」・「准フリーメーソン」・
  「隠れフリーメーソン」であって、死の商人(政商)だという事実です。
  リンカーンですらインディアン虐殺の張本人です。
17 アメリカ大統領の背後には「フリーメーソン」の巨魁であるユダヤ七大財閥
  (ロスチャイルド・ロックフェラー・サッスーン・クーンロエブ・モルガン・
  ベクテル・ザハロフ)
が糸を引いており、
  その糸のカラクリ(操り)からは誰も逃れられないのです。
  要するにユダヤ財閥が世界を牛耳っているのです。
18 「フリーメーソン」の基本戦略は即ちマッチです。「マッチ」で火をつけ
  火事を起こし、火事場泥棒をし、その後に消火し、復興活動をするのです。
  マッチポンプです。
19 「フリーメーソン」の基本戦術はお金(餌)即ち疑似餌です。
  「自由」「平等」「博愛」(友愛)の美辞麗句を売りにして渇きの民を誘惑し
  釣り上げるのです。マッチ・ザ・ベイトです。
20 「マッチ・ザ・ベイト」で釣り上げられた民は
  マッチ売りの少女にさせられ生涯を終えます。
● 近代日本史を見てみましょう。

21 日本は幕末まで世界に類を見ない
   際立った道徳国家(武家諸法度)でした。

22 それが、イギリスの植民地艦隊とアメリカの人買艦隊によって強引に
  開国させられ、明治維新この方今日迄、
  英米「フリーメーソン」の植民地と化してしまったのです。
23 そうして、操り人形宜しく、日清日露第一次第二次等の大戦を
  引き起こし、台湾朝鮮満州等を攻略したのです。
  朝鮮分断の責任は重大である事を忘れてはなりません。
24 更に、戦後においては、朝鮮動乱ベトナム戦争に加担し、
  余人の血をもって復興を遂げたのです。
25 今、世界を見渡すと、国際連合がアメリカにあり、その常任理事国
  第二次大戦の戦勝国が独占しています。
  孫文蒋介石周恩来も「フリーメーソン」であり、
  マルクスレーニンスターリンも「フリーメーソン」です。
26 「フリーメーソン」の正体は「マッチポンプ」「マッチ・ザ・ベイト」
  「マッチ売りの少女」
です。右も左もありません。
  両方に「金」を貸し付け、利鞘を取ると同時に、
  両方に武器弾薬を売りさばき、暴利を貪るのです。
27 第43代ブッシュ大統領(子)も、アルカイダの首魁であるビンラディン
  「フリーメーソン」です。
  両者はデキレース9・11事件を起こしているのです。
28 第44代オバマ大統領も死の商人であり
  「死の商人」からノーベル賞を貰いました。
29 「狩猟時代」に鉄器(槍や包丁)を発明した人間の歴史は、
  その「矛」が食料である「獲物」に対してのみに使われたのではなく
  強盗の手段になってからの「ヒズ・ストーリー」なのです。
30 「獲物」が人間になりました。ここに知能暴力の「詐欺師」が登場し、
  「私が作った「盾」はどんな「矛」も防ぎます!」と、一方に「盾」を売り込み、
  他方に「私の作った「矛」はどんな「盾」も破ります!」と、
  両天秤の商品=「矛」と「盾」を売りさばき、暴利を貪ったのです。
31 この「詐欺商法」を大々的に展開したのが
  ユダヤのファラオ「ソロモン」なのです。
  「ソロモン」の「詐欺商法」は単に誤魔化して「矛」と「盾」を
  売りさばくだけでなく、その矛盾がバレそうになると
  その者を殺してしまうのです。
  これが「ソロモンの神殿」造りのヒラム伝説
  「フリーメーソン」の「死と再生」の儀式です。
32 第41代ブッシュ大統領(親)は臆面も無く「フリーメーソン」の
  「新世界秩序」を国連で演説しています(1990年9月11日)
  その「新世界秩序」とは.すべての既成政府の廃絶と世界単一政府の樹立。
  .私有財産と遺産相続の撤廃。.愛国心と民族意識の根絶。
  .家族制度と結婚制度の撤廃と、子供のコミューン教育の実現。
  .すべての宗教の撤廃。」
です。
33 正直なところ、あまりの馬鹿さ加減に呆れ果てるばかりです。
  「フリーメーソン」の面々はハッキリ言って

  「キチガイ」(夢遊病/錯乱性覚醒⇒デビル症候群)です。


34 バイオステージを少しは勉強すべきです。
35 ウイルスバクテリアも「異種」に対し猛烈な攻撃をしかけ
  弱肉強食を繰り返しますが、最終的には
  遷移極相をみせて棲み分けをするのです。
36 人間も「ウイルス」や「バクテリア」と同じようなものです。
  「言語」や「文字」が違う者同士が
  地球上に「棲み分け」をしながら住んでいるのです。
  確かに植物のような「遷移」「極相」の如き、移動(展開)をしましたが、
  尽きる処、「言語」や「文字」及び「ミネラル」と「ビタミン」の相違によって、
  現在の多種多様の「人種」や「民族」が誕生し、
  それなりの生態系の中で平穏に「棲み分け」をして暮らしているのです。
37 昔も今もこれからも、人類の命題は「棲み分け」をして平穏に暮らす事です。
38 この平穏な「棲み分け」をぶち壊して「新世界秩序」/.すべての既成政府の
  廃絶と世界単一政府の樹立。.私有財産と遺産相続の撤廃。
  .愛国心と民族意識の根絶。.家族制度と結婚制度の撤廃と、
  子供のコミューン教育の実現。.すべての宗教の撤廃。」

  「暴力」(暴力とは自然法に違反した物理的強制力の発動)をもって
  成し遂げようとしているのが「フリーメーソン」という「キチガイ」ドモなのです。
● 日本は明治維新この方、英米の「フリーメーソン」によって支配されているのです。
39 昨今小沢一郎がまたまた動き出しました。小沢一郎は「フリーメーソン」です。
40 戦後の日本は「フリーメーソン」であるマッカーサー
  吉田茂鳩山一郎岸信介で取り仕切られました。
  そして「吉田茂」の孫である「麻生太郎」、「鳩山一郎」の孫である鳩山由紀夫
  「岸信介」の孫である安倍晋三らが、
  その親・親の七光り(三尊四安=地盤・看板・鞄と四安/生活の不安・老後の不安・
  病気の不安・死後の不安がない事)
で総理大臣になっています。
41 小沢一郎はリクルート事件後初の総選挙で苦戦が予想された
  第39回衆議院選(1990年2月)を、自由主義体制の維持を名目に
  経済団体連合会(経団連)傘下の企業から選挙資金300~500億円を集めて勝利。
  首相である海部をしのぐ権勢や集金力から「剛腕」と称されました。
  しかし、小沢の集金力の背景には「フリーメーソン」の巨魁である
  「ロックフェラー」がバックにいたからできたことで、
  その裏付けは次の一事(次項42)が証明しているのです。
42 1991年11月に「ジョン万次郎漂流150周年」(ジョン万次郎はフリーメーソン)
  記念して「ジョン万次郎の会」が東京の憲政会館で結成されましたが、
  その会長に選ばれたのは、なんと、小沢一郎です。ロックフェラーといえば、
  アメリカのフリーメーソンの巨魁ですが、そのロックフェラー人脈のひとりが
  小沢なのです。当時、小沢はまだ自民党ですが、3年後の細川連立内閣が
  できたとき、新生党を設立して参加し、連立内閣の陰のドンに君臨しました。
  その新生党設立の際、当時の駐日大使のマイケル・アマコスト(現在はロック
  フェラーの米ブルッキングス研究所所長)
を介して、ロックフェラーから
  約500億円の資金を提供されたといわれていました。
  高知出身でもない岩手選挙区の小沢が、なぜ「ジョン万次郎の会」の会長に
  なったのでしょう。この会は小沢の政治力を利用して当時の外務省、通産省、
  郵政省、建設省、運輸省、自治省の6つの省庁の許可のもと、
  その共同管理という名目で設立されたものです。
  しかも、わずか1年という異例の早さで承認され、
  設立年の9月、自動車、電車、電機、電力など財界の主要団体に、
  文書で5000万~6000万の寄付を要求し、3か月足らずで
  なんと5億6000万円もの資金を集めているのです。
  このことは国会でも問題となり自民党の中川秀直議員によって追求されまし
  たが、当時の柿沢弘治国務大臣と羽田孜首相はのらりくらりと
  国会答弁して責任の所在を曖昧にしたままでした。
43 小沢一郎と鳩山由紀夫の連携プレーを見れば二人が「フリーメーソン」の
  「友愛」で固く結ばれている事が分かる筈です。
44 この小沢が、うすのろの野田総理に「消費税増税反対」の狼煙を上げ党内分裂を
  して再三再四の「政界再編」を打ち出してきました。
  既に、小沢は橋下徹と密約を交わし、
  「橋下徹」は「金」の心配なく選挙が出来、勝利する訳です。
  ところが橋下が大阪市長を辞職しない限り総理にはなれません。
  こうして小沢は橋下を利用して総理の座をせしめるのです。
45 しかし、橋下はこのチャンスを逃がす程馬鹿ではありません。
  橋下はさっさと大阪市長の座を投げ捨て、総理の座に就くでしょう。
  然もなくば下記49の運命を辿るでしょう。
46 橋下徹が、竜馬がゆく(司馬遼太郎の小説/フィクション)坂本龍馬
  なりきって人気を博し、呆れる事に船中八策もどきの、
  大阪維新の会 船中八策を仰々しく打ち上げました。
47 幕末において、「船中八策」もどきは、
  横井小楠の「国是三論・国是七条・国是十二条」、
  西周の「議題草案」「議題草考」、
  赤松小三郎御改正之一二端奉申上候口上書らがあり、
  特に龍馬作とされる「船中八策」は、
  赤松小三郎の「御改正之一二端奉申上候口上書」の丸写しであり、
  しかも赤松小三郎は曲がりなりにも相当の学者で、
  とても龍馬の如き無学の剣術使いとはその学識の質量が違いすぎるのです。
  要するに龍馬は「船中八策」などを起草できる程の能力も学識もないのです。
  龍馬が作ったとされる「船中八策」は後藤象二郎
  赤松小三郎の「御改正之一二端奉申上候口上書」を真似て作った偽書なのです。
48 いずれにしろ、その赤松小三郎は中村半次郎に殺され、
  坂本龍馬も佐々木只三郎に殺され、
  横井小楠も十津川郷士らに暗殺されているのです。
49 「船中八策」は「殺される」運命を背負っている、
  げに恐ろしき「魔の口上書」なのです。
50 そういうことを知ってか知らずか、
  橋下徹は得意げに「船中八策」を喧伝しているのです。
51 私(新村)は人を知る一つの方法として、その人が「好きな人」に注目します。
  その人が何と言おうと、結局は、
  「好きな人」と同じような思想に阿いてしまっているからです。
52 私(新村)は「親の七光り」(三尊四安=地盤・看板・鞄と四苦の不安がない事)
  生きている者を心底より軽蔑しています。従って、日本史においても
  「親の七光り」でどんなに立派な業績を打ち立てて後世にその名を残していても、
  その功績は仮物/偽物であり「唾棄」にしか値しません。
53 私(新村)は「親の七光り」に一切無縁な
  次の人達(日本人の場合)を心底より尊敬しています。
  ①行基 ②菅原道真 ③楠木正成 
  ④豊臣秀吉 ⑤勝海舟 ⑥田中角栄
  そしてもし「橋下徹」が小沢とグルでなく、精々堺屋太一さんの門人止まりで
  あってくれたなら、意味不明の「船中八策」如きの「世迷いごと」も許せるのです。
  そして、⑦「橋下徹」に必然的になるのですが。
54 上記53で上げた人達は、皆それぞれの変革の時代で「大活躍」した人達です。
  そしてこの人達は、揃って日本人の矜持を毅然として持ち続けた人達です。
  特に幕末においての勝海舟は途方もない「食わせ者」ですが、勝以外の著名な
  人物は全て「フリーメーソン」の思想にかぶれて「植民地政策」を真似した
  馬鹿者たちであり、かろうじて福沢諭吉ぐらいが
  「日本人の矜持」を捨てなかった人物で、この二人が明治維新にいなかったら
  日本人は「日本人の魂」まで失っていたのです。
  但し福沢の脱亜論は利敵論で正機不覚の俗論です。
55 しかし、勝海舟と福沢諭吉の二人を失った明治後期、大正時代、
  昭和前期(敗戦まで)は全く悲惨な時代で、英米「フリーメーソン」に撹乱され、
  「日本人の矜持」を失い、只管、英米「フリーメーソン」の走狗として
  小賢しい植民地政策の真似事/侵略に埋没していったのです。
56 昭和20年8月6日及び同年8月9日、人類史上これ程の残虐をみない
  一般市民惨殺の原爆投下が「フリーメーソン」である
  第33代トルーマン大統領によって決行され、
  広島市民・長崎市民両者で、被爆後5年間の間に広島で20万人、長崎で14万人
  合計34万人強の一般市民が虐殺されたのです。尚、無差別焼夷弾(大空襲)
  虐殺された東京を始めとする人達は、死者は33万人、負傷者は43万人、
  被災者総数は970万人に及んでいるのです。
57 第二次世界大戦で一体どれだけの人達が「虐殺」されたのでしょう。
  民間人も含め5000万人以上の人が『殺された』のです。
  殺したのは「フリーメーソン」の聖絶の思想です。
58 それでもまだ飽きたらず「フリーメーソン」達は、
  目標の「新世界秩序」/.すべての既成政府の廃絶と世界単一政府の樹立。
  .私有財産と遺産相続の撤廃。.愛国心と民族意識の根絶。
  .家族制度と結婚制度の撤廃と、子供のコミューン教育の実現。
  .すべての宗教の撤廃。」
を成し遂げる為に、今もって世界中に戦争を仕掛け、
  戦争の「火種」をばら撒いているのです。この「巨大巨悪」を糺すには

  一殺多生(仏教思想)しかないのです。

59 戦後の日本の政治家の中で、ただ一人「フリーメーソン」になびかず
  「日本人の矜持」を最後まで貫いた日本男子がおります。「田中角栄」その人です。
  「田中角栄」の偉大さは、「日本人の矜持」を捨てずに、アメリカの言うことを
  聞かず、日中国交回復を断行したことです。
  その結果は米国「フリーメーソン」の激怒となり、
  ロッキード事件をでっち上げられ刑務所にぶち込まれる破目に陥ったのです。
● 人間を作る素地はその人間が生まれ育った大地の民度です。
  日本人の民度日本人の大地日本人の精神。  
  人間は生まれ育った大地の民度によって「人格形成」がなされるのです。
  今、日本人は日本の大地と民度を取り戻さなければ、
  日本人として「死ぬ」ことすら出来ないことを知るべきです。
  日本人の民度とは、「日本人の矜持」に他なりません。
  ユダヤ(イスラエル)がイランを攻撃する日は間近です。
  人類は滅亡の断崖を転がり落ちていくのです。日本民族は、
  最後の一人まで「日本人の矜持」をもって堂々と死んでいこうではありませんか。

     寸鉄一閃 日本義塾 新村紘宇二 超人クラブ
スポンサーサイト

2012-02-20

「超人粉」鎮魂歌 (2)

船中八策の黒幕

黒幕 後藤象二郎
1 所謂船中八策龍馬説は、単なる小説(フィクション)に過ぎない
  「竜馬がゆく」(司馬遼太郎)に阿いたものです。学者までもがです。
  作られた虚像にいつしか洗脳されてしまうのです。
2 「船中八策」は龍馬が作ったものではありません。後藤象二郎の「偽作」です。
3 後藤象二郎はジョン万次郎から万国公法(国際法原理)を既に
  修学しており、又、土佐藩教授である奥宮慥斎をして横井小楠より
  先駆けて門人達は勉強し、習得していました。
4 勝海舟から坂本龍馬が「万国公法」を手に入れたのは、
  勝海舟が松平春嶽に「万国公法」を貸し出した後に作った漢訳復刻版の
  一部に過ぎません。1866年の事です。
5 漢訳本抄本の「万国公法」(国際法原理)は、1863年には上海に
  出回っており、当時上海に拠点があったグラバーが日本に持ち帰り
  ジョン万次郎に渡しているのです。1863年の事です。
6 ジョン万次郎は幕末史最大の暗躍者で、日本に帰国(漂着)した時
  その取り調べにあたったのは、薩摩藩主島津斉彬であり、
  土佐帰国後は吉田東洋河田小龍です。
7 その後ジョン万次郎は幕府に招聘され江戸へ。中浜姓を賜り中浜万次郎に。
  ついで藩校「教授館」の教授となり
  後藤象二郎、岩崎弥太郎に直接指導をしています。
  万次郎26歳、後藤象二郎16歳、岩崎弥太郎19歳。
  坂本龍馬(18歳)は千葉道場にいた頃です。
8 万次郎の活躍は翌年の安政元年(1854年)からで、造船、航海、測量、捕鯨等の
  指導の為国中を東奔西走しているのです。
9 グラバーが長崎に到着したのが安政6年(1859年)8月23日です。
  そうして薩摩藩の五代才助をはじめ松木弘安高杉晋作伊藤俊輔桂小五郎
  井上聞多近藤長次郎小松帯刀高松太郎らと
  共謀して武器弾薬の密輸を取り仕切ったのです。
10 万次郎が勝海舟、福沢諭吉らと咸臨丸でアメリカに渡ったのは1860年で、
  まだ龍馬は武市瑞山(半平太)の土佐勤王党に入る一年前の事で、
  全くの無名の徒輩です。龍馬25歳。
11 坂本龍馬が活躍しだしたのは26歳の時、
  武市瑞山の「土佐勤王党」に入り、その翌年、吉田東洋が「土佐勤王党」の
  岡田以蔵(龍馬も加担していた)によって暗殺されてからです。
12 龍馬は武市瑞山の紹介状をもって脱藩し、勝海舟を訪ね門人になります。
  龍馬27歳。
13 龍馬は勝に可愛がられ勝が開いた神戸海軍塾の塾頭に取り立てられました。
  この時、「土佐勤王党」の同志である、人斬り以蔵こと
  岡田以蔵を勝の用心棒にしたりしています。
  又この時期、勝は土佐藩主山内容堂にとりなし
  龍馬の脱藩を許してもらっています。
14 一方、万次郎は薩摩藩開成所の教授として薩摩藩士に、
  造船、航海、測量、英語等を教え、グラバーと頻繁に交流を深めています。
  なぜなら同じフリーメーソンだからです。
15 更に、土佐藩東洋派一派(後藤象二郎、岩崎弥太郎らの公武合体派)は、
  師である吉田東洋暗殺の首謀者を武市瑞山、下手人を瑞山門下の岡田以蔵、
  坂本龍馬、中岡慎太郎らとして厳しく追求しだすのです。結果、岡田以蔵らは
  捕縛され斬首の刑に、武市瑞山は切腹させられ、
  奥宮慥斎までもが加担した疑いで蟄居させられているのです。
16 坂本龍馬、中岡慎太郎は、後藤象二郎の師を暗殺した武市派の残党であり、
  なんとしても討ち果たさなければならない「仇討」の生き残りなのです。
17 後藤象二郎の執念は「復讐」であり、「仇討」の武士道の一念です。
18 後藤象二郎が、怨敵だった坂本龍馬と手を結んだ年は慶応3年の1月です。
  龍馬はこの年の11月に、京都において暗殺されます。
19 なぜ後藤象二郎が怨敵だった坂本龍馬と手を組む必要があったのでしょう。
  それは長崎でグラバー肝いりの「亀山社中」を運営し、軍艦や武器弾薬で
  薩長同盟まで成し遂げ、有名になってきた坂本龍馬を、師東洋の敵として
  「暗殺」できない事に対し、藩主山内容堂からそれとなく
  その「不甲斐なさ」を薀蓄されていたからです。
20 後藤象二郎は慶応2年ジョン万次郎とグラバーと共に上海に軍艦や武器弾薬を
  買い付けに行っています。この時、三者は「龍馬暗殺」を企てたのです。
21 グラバーにとって、龍馬は既に「変節」した男であり、日本武士道はおろか
  イギリス騎士道にも劣る「裏切者」でしかなかったのです。
  龍馬は稀代の「変節者」(裏切者)なのです。
① 龍馬は武市瑞山に見出され、武市の「駒」として勝海舟に入門したのです。
  ところが龍馬は勝の虜になり、武市が切腹させられたり同志だった
  岡田以蔵らが斬首されたりいるにも拘らず、ただ追手の後藤象二郎らから
  逃げの一手で、佐幕派幕臣の勝に匿われるように勝に追従し武市の無念を
  晴らすどころかその武士の一念を「変節」してしまったのです。
② 勝は自分の「駒」として龍馬をグラバーや、薩摩の西郷隆盛に引きあわせたり
  しました。そして、グラバーと薩摩の援助で「亀山社中」を設立してもらい、
  グラバーのダミーとして活動し、同時に、後藤らの追手から守ってもらって
  いたのです。ところが、グラバーの後ろ盾で「薩長同盟」が成立したりした途端
  に、あれ程までに面倒を見てくれていた勝海舟を裏切り、グラバーの「駒」
  なってしまったのです。勝を疎んじ始めたのです。
③ 更に、龍馬はグラバーや薩摩まで裏切るように「変節」していくのです。
  それが万次郎が仕掛けた「万国公法」です。「万国公法」は前記3の通り、万次郎
  やグラバーをして上海経由で日本に入り相当広く読まれたりしていました。
  ところが馬鹿な龍馬はその意味がわからずじまいだったのです。
  それを龍馬クラスでも判読できるようにしたのが、
  フリーメーソンの西周(にしあまね)です。
④ 「西周」はオランダ留学中に師であるフィセリングから法学を学び、
  特に「万国公法」は帰国後出版する予定で翻訳を手がけていたのです。
  つまり、漢訳でなく直接日本語に訳して
  龍馬クラスでも読めるようにしたのです。「西周」は慶応元年12月に帰国し、
  幕府開成所の教授となってその日本語翻訳の「万国公法」を教示したのです。
⑤ 龍馬が読んだ「万国公法」は「西周」の訳本で、龍馬は「万国公法」の思想に
  かぶれてしまったのです。これがグラバーや薩長を裏切る
  独りよがりの「船中八策」の正体なのです。
22 龍馬はこうして、武市瑞山を裏切り、勝海舟を裏切り、
  グラバーや薩長を裏切り、独りよがりの「世迷いごと」にすぎない
  「船中八策」の台本「万国公法」にはまっていったのです。
23 しかし、龍馬が「万国公法」にはまっていき
  「船中八策」を草案したのではありません。
24 後藤象二郎は、なんとか龍馬を長崎から京都におびき出し
  暗殺を早くする必要があったのです。大政奉還を
  山内容堂の遠慮会釈による「建白にしたかったのです。
  その為には一刻も早く「船中八策」ごときを山内容堂に差し出し、
  それを将軍慶喜に諮り、将軍慶喜が「非」と言えば、
  直ちに薩長と手を組んで「倒幕」の火蓋を切り、
  「是」と言えば既に「密約」されていた「倒幕の密勅」をして
  薩長に倒幕の火蓋を切らせる手筈だったのです。
25 後藤象二郎と岩崎弥太郎は莫逆の友であり、共に万次郎から直接指導を
  受けているいわば子飼いです。
  二人共政商を維新での「出世」であると、嫌という程万次郎やグラバーに
  叩きこまれ、完全に万次郎、グラバーの
  フリーメーソン思想・「政商」に洗脳されていたのです。
  ですから、龍馬を消し、龍馬の「亀山社中」(海援隊)を掌中にし
  「射利」を独占する事が謀られたのです。
  龍馬暗殺後の後藤、岩崎、グラバーは「射利」を共有したのです。
26 要するに、龍馬案とされる「船中八策」は万次郎、グラバーの指導で、
  後藤象二郎、岩崎弥太郎が絵図したもので、
  この事は山内容堂も黙過しての事です。
  だからこそ、「船中八策」を「坂本龍馬案」として容堂に提出し、
  後藤はえらくその功績を称えられたのです。
27 そもそも藩政を司る後藤象二郎と下士である坂本龍馬では
  身分制度の権化のような時代にあって司馬遼太郎が「竜馬がゆく」で
  いうような呼び捨てなどありようがない事です。
28 後藤象二郎にとって、坂本龍馬と会うという事は、
  ただ只管、「藩主容堂がどうしてもお主からじかじかに薩長の事、
  薩土連盟の事、幕府の事(勝海舟の動静)、軍艦や武器弾薬の事、
  等々を聞きたい、といっているので、藩主容堂におめどおりしてくれ!」
  と頼み込んだのです。京都で殺す意味は、機が熟してきたからであり、
  長崎は薩摩のお膝元で、あらぬ方向に流れぬ為です。
29 どんな嘘をついてでも、龍馬を長崎から京都に「引き出し」、
  暗殺しなければ、ともすれば、藩主容堂より、維新政府で龍馬が
  重きをなしてしまうおそれがあったからです。
30 勝海舟は龍馬暗殺に一枚加わっていました。
  裏切者であり、目の上の瘤であり、時代錯誤の「万国公法」を
  振り回すうつけ者の龍馬には辟易していたのです。
  勝海舟は龍馬以前にも龍馬のように可愛がっていた赤松小三郎を、
  中村半次郎に殺させています。小三郎が身分をわきまえず
  「船中八策」もどきの御改正之一二端奉申上候口上書
  自分(勝)や、主である上田藩主松平忠固、忠礼を飛びこして
  福井藩主松平春嶽に提出したからです。

● 幕末の時代も現代も隠然として封建的身分制度は残っているのです。
  現代の「封建的身分制度」の最たるものは小選挙区制度
  三バン参尊(地盤/組織力・看板/知名度・/金銭力)です。

  「参尊零卑」が現代の身分制度。

  維新此方今日迄親の七光参尊(三バン)によって引き継がれ立候補でき
  一人だけ当選し落選者の投票数は一切無視で既得権益が享受出来るのです。
 日本の「小選挙区制度」はフリーメーソンの思想です。
  「政商」が儲かるシステムなのです。  
 聖徳太子の十七条憲法も巷間「船中八策」も、何一つとして
  真正に実現されていないのがこの世です。
  それでも一歩一歩差別格差の是正に向かって歩み続けるのです。

     寸鉄一閃 日本義塾 新村紘宇二 超人クラブ

2012-02-11

「超人粉」地母神の救い

  太陽神信仰の無残

1 太古の時代、人々は「占星術」をもって「神」を発見していました。
  それが古代バビロニア時代の「占星術」であり、
  更に緻密に体系化されて「占星学」になりました。
  古代エジプトにはエジプトの神々の中で
  最も古く最も偉大で最も多様化したホルス神がいます。
  現世の統治者であるファラオは「ホルス神」の化身とされ
  複数付けられる王名の一つにもなっています。
  この「ホルス神」は「天空神」であり「太陽神」でありその元素は「大気」「火」
  されていました(エジプト原王朝時代である紀元前4200年頃~紀元前3150年)。
  天地を創造したのは「大気」であり「太陽」だったのです。
  その天空や、太陽・月・惑星・小惑星・星座などの天体の位置や動きなどと
  人間社会のあり方を弁証法的に止揚昇華して、
  天空や太陽を「神」と呼び「主」と呼び、天空や太陽の下々の大地に暮らす人間を、
  「僕/しもべ」としたのです。
  重大なことは「大気」を象徴する地母神信仰が置き去りにされてしまった事です。
2 ユダヤ民族の歴史は、旧約聖書で知る限り「出エジプト記」からです。
  それ以前の「創世記」は神話の時代であって、
  「神/ヤハウェ」の何たるかを確証し確認し確信した時代です。
3 ユダヤ民族の神/ヤハウェは、「創世記」で検証されてるように、
  民族浄化(ノア一家以外のジェノサイド、ソドムとゴモラのジェノサイド)と
  民族離散(バベルの塔)の「神」であり、「神」とは名ばかりの、
  「神」を騙った「悪魔」そのものだったです。
4 ユダヤ民族は、サタン・ヤハウェの悪業により、バベルの塔の民族離散等に
  よってエジプトで奴隷となっていたのですが、
  賢明なヨセフ(アブラハム一族)は宰相にまでなった。この奴隷時代に、
  ありとあらゆる事を、良く見聞きし、良く咀嚼し、良く身に付けたのです。
  その身に付けた最たるものが、「占星術」であり、
  「神殿/ピラミッド建設技術」だったのです。
5 モーゼは、エジプト奴隷時代に培った「占星術」と「神殿/ピラミッド建設技術」を
  身に付けた一団を引き連れてエジプトから脱出を図ったのですが、
  モーゼはエジプト(ファラオ)からは逃れられましたが、
  サタン・ヤハウェからは逃れらる事は出来ませんでした。
6 モーゼは盛んにサタン・ヤハウェの「預言」を「正義」に換骨奪胎して、
  ユダヤ民族を指導したのですが、それが、ヨシュアの下克により
  サタン・ヤハウェの怒りをかい、モーゼの後継者とされていた
  ヨシュアによって、座を追われ、シナイ山で殺されてしまったのです。
7 つまりこうです。紀元前五千年頃には古代エジプト文化があった。
  次に紀元前三千年頃には古代バビロニア文化があり、
  このバビロニアで「占星術」が生まれ、この「占星術」がエジプトに渡り、
  ピラミッド(紀元前2700-2500)を造ったのです。
8 モーゼがエジプトを出たのが紀元前1400年頃です。
  モーゼ一団がエジプトで生活していた頃は、
  既にピラミッド建設は終わっていました。
  ですから、モーゼがエジプトから持って出たものは「占星術」と、
  ピラミッド神殿建設にまつわる「秘儀」「奥義」の類でした。
  ですが、サタン・ヤハウェと、その申し子ヨシュアによって殺されたモーゼは、
  果たして、それらの「占星術」と、ピラミッド神殿建設にまつわる
  「秘儀」「奥義」を、既に、ヨシュアに伝えていたのであろうかという事です。
  賢明なモーゼは伝えてなかったのです。
9 だからこそ、カナンの地の同胞皆殺しにしたヨシュア以降の、
  ソロモン王朝時代に建設された「ソロモンの神殿造り」は、
  すべて、異邦人のフェニキアに依存して建設したのです。
  自分達で建設出来るだけの技術等をモーゼから引き継がれていなかった為です。
10 それ故に、古代ユダヤ国家は、フェニキア等から建築学、医学等様々な知識を
  教わり、書物の伝来を受けたのです。
  然しそれが終わると「教師であったフェニキア人」を皆殺しにしたのです。
  理由は嫉妬心です。
  自分達より優秀な文明が存在する事は許せなかったのです。
  自分達が世界全体の「支配者」になるためには、自分達より優秀な異邦人は
  皆殺しにするしかなかったのです。
  このやり方が、サタン・ヤハウェの異邦人に対する聖絶なのです。
  この異邦人の皆殺しにより、古代ユダヤ国家は世界の「主」になるため、
  異邦人の文化=書物を大量に独占しだしたのです。
  所謂ユダヤ選民思想です。
11 ソロモンがエレサレム神殿を造った時の、
  余りにも有名なヒラム伝説(この伝説こそフリーメーソンの真髄)は、
  次のような秘伝です。
① ある日、三人の悪の職人が親方の秘密の合言葉を知ろうと、
  ヒラムに詰め寄った。しかし、ヒラムは彼らの要求を拒絶したため、
  命を狙われることになる。その日の真昼、神殿の東門にいた一人目の職人は
  罫引きを武器にヒラムに切りかかった。ヒラムはあやうく南門に逃げたが
  そこで二人目の職人に襲われる。そこで彼は西門に逃げたが、槌を持った
  三人目の職人に襲われて絶命した。三人の職人はヒラムの遺体を南門から
  とある山腹に埋め、そこにアカシアの小枝をさしておいた。
② しばらく経ち、ソロモン王は行方不明となったヒラムを捜索しようと、
  12人の職人を派遣。そのうちの一人がアカシアの小枝に手をかけると
  簡単に抜けてしまったため、掘り起こしてみるとヒラムの遺体が発見された。
  ヒラムの遺体は死後すでに14日を経過していたにもかかわらずまったく
  腐敗がなく、ライオンの握手法によって蘇生したという。
  斯様にフリーメーソンの正体は手の込んだマッチポンプの儀式なのです。
③ 原初以来のフリーメーソン参入儀式は大別して二つある。
  親方位階の参入儀礼は徒弟・職人位階のボードとは異なるものを用いて
  以下のように行なわれる。ボードの中央に位置するのは参入志願者が横たわる
  “棺”であり、その上には復活と再生の象徴である“アカシアの小枝”が
  置かれる。志願者は両胸と両膝を出し、両踵を潰して儀礼に望む。
  これはすでに彼が徒弟と職人の試練を経験したことで
  心身の浄化が達成されていることを意味する。
  志願者はヒラムの役を演じるために棺に入るよう指示される。
  「ヒラム伝説」が朗読され、ヒラムが殺害され、ある丘に埋められる下りで、
  志願者は足をコンパスの方(上方)に、頭を直角定規の方(下方)に向けて
  棺に入れられる(実際には儀礼用トレーシング・ボードの上に寝かされる)。
  その後、ヒラムを蘇らせたのと同じ握手法で、志願者は棺から起こされる。
  志願者は秘密厳守の誓いを述べ、合言葉が伝えられて儀式が終了する。
  親方位階の参入儀礼の中心をなすのは、死と再生の儀式であり、
  志願者の霊的な復活です。
  志願者はヒラムの聖劇を演じることで彼と同一化するのです。
  そして、その殺害と復活を象徴的に追体験することにより、
  既存の自己を一度殺し、自らの心にヒラムの霊を蘇らせることで
  自己変容を遂げるのです。
④ 徒弟・職人位階における参入儀礼の主題が志願者の霊的浄化と神秘階梯の
  上昇にあるとすれば、親方位階のそれは志願者の霊的な向上の果てにある
  “神化”の達成なのです。
● 現代世界の死と再生は上記1~11までの
  太陽神信仰の“神化”されたものなのです。

12 つまり、「戦争」は死と再生の儀式であり民族浄化の聖絶であって、
  人間が“神化”される儀式に過ぎないということです。
13 アメリカ大統領のブッシュ親子は著名なフリーメーソン(10頁)でした。
  そして彼ら親子は揃って次のような
  「新世界秩序/1.すべての既成政府の廃絶と世界単一政府の樹立。2.私有財産と
  遺産相続の撤廃。3.愛国心と民族意識の根絶。4.家族制度と結婚制度の撤廃と、
  子供のコミューン教育の実現。5.すべての宗教の撤廃。」
  を公然と嘯いているのです。
  「混乱の時代から、我らの目的、新世界秩序
  現れることが出来るのだ。」

  アメリカ大統領ジョージH.W.ブッシュ 1990 年9 月11 日 国連演説
14 上記1~13までは、西洋史の「核」が「旧約聖書」・「フリーメーソン」にあり、
  そして現代は、更に暴露された「フリーメーソン」が、
  世界を支配している事を実証したのです。
15 皆さんご存知の「ノーベル賞」は「フリーメーソン・薔薇十字団」に所属する
  ノーベル財団の「褒賞」です。
  アルフレッド・ノーベルは代表的な死の商人です。
  ですから「知性」のある方は「ノーベル賞」などは拒否するのです。
  ジャン・ポール・サルトルや、レ・ドゥク・トゲルハルト・ドーマクの3人は
  「唾棄」するように拒否しているのです。
16 「死の商人」が世界を支配しているのです。
17 「アヘン戦争」で中国を支配し、「植民地艦隊」で日本を支配し、
  世界を支配してきたのは言うまでもなく、太陽神信仰に根ざした、
  悪魔の神「ヤハウェ」であり、
  ソロモンの神殿に象徴される「フリーメーソン」なのです。
18 そして、悪魔の神「ヤハウェ」と死の商人「フリーメーソン」は、
  今盛んに、中国と日本の仲違いと戦争を煽っているのです。
19 その一翼を担ってきたのが、戦後日本史を蹂躙した「フリーメーソン」の
  『吉田茂・鳩山一郎・岸信介・池田勇人・佐藤栄作・竹下登・金丸信・小沢一郎
  の売国奴であり、とりわけ「吉田学校」の
  官僚ドモ(財務省二階を巣窟にする「逆賊二階組/主計局・主税局」)なのです。
20 なぜ、私(新村)がこの一文を寄せたかと言うと、イスラエルがイランを攻撃し、
  その火種が飛び火して、悪魔の神「ヤハウェ」と死の商人「フリーメーソン」が
  渇望している、民族浄化/聖絶「新世界秩序/死と再生の儀式」が明日にでも
  始まろうとしているからです。
21 日本民族は今こそ一致団結して、
  悪魔ドモの「策術」には絶対にハマってはなりません。
22 あの浮かれ者の「坂本龍馬」のように悪魔ドモに魂を奪われてはならないのです。
23 目下は、「橋下徹」の「慧眼」(維新政治塾)に日本を任せるしかありません。
  既成政党は×!。
 「橋下徹」が有頂天になって「坂本龍馬」の二の舞にならないことを祈るのみです。


注 私(新村)は「選民思想」「フリーメーソン」「死の商人」を否定している者で、
  ユダヤ民族を否定している者ではありません。


     寸鉄一閃 日本義塾 新村紘宇二 超人クラブ

2012-02-05

「超人粉」 鎮魂歌 (1)

「龍馬人気」に肖る者は
龍馬の怨霊を鎮魂せよ

龍馬暗殺の黒幕

黒幕 グラバー
1 坂本龍馬グラバーが初めて会ったのは1864年2月で、
  勝海舟とともにグラバー邸を訪れています。
  龍馬30歳、グラバー28歳の時でした。
  龍馬はグラバーの海洋思想に心酔、その年の10月~翌年4月まで
  幕末史から姿を消し、英国・和蘭に密航しフリーメーソンの洗礼を受け
  帰国直後の5月に亀山社中(後の海援隊)を興したのです。
  こうしてグラバーの盟友(走狗)になったのです。
  龍馬は1862年(文久2年)3月に脱藩していますが、当時脱藩は藩に対して
  罪を問われて逃亡、もしくは食えないからホームレスのように都会に
  職を求めてするもので、脱藩には刑罰が伴い、家族にもその刑罰は及びます。
  龍馬がそれほどの罪を犯した形跡はなく、彼自身が「見聞を広げるために
  自由に羽ばたきたい」などと、厳格な武家社会に於いて、下級武士が自分が
  属する藩から脱藩できるような時代ではありません。
2 土佐藩でいうと、公武合体派吉田東洋が率いる勢力(東洋義弟の後藤象二郎
  岩崎弥太郎ら)と、尊皇攘夷武市瑞山が率いる勢力(坂本龍馬や中岡慎太郎ら)
  があり、それぞれの勢力からスパイを送り込み情報収集していたのです。
  龍馬は武市瑞山の縁戚であり武市派幹部(舎弟分)として活動していました。
  尚、後に武市瑞山は吉田東洋暗殺の咎で切腹させられております。
  土佐藩にとっては、龍馬は江戸の経験を持ち、江戸の千葉道場や佐久間象山塾
  で、勤皇派に顔を売っており、脱藩の下士(郷士)でもあったことから、
  藩に問題が及ぶようなことになれば、いつでも龍馬を斬り捨てる事ができたの
  で、彼は好都合でありました。
3 当時の下士に対する差別はひどいものがあり、住む場所も城下ではなく商人や
  職人の住む郊外、登城する服装も細かく規定され、
  上士は麻の裃(かみしも)に絹の鼻緒が許されていたのに対し、
  下士は紙の着物しか許されておりませんでした。
4 また、二本差しは許されているものの、なんと百姓・町人と同様に
  斬り捨て御免の対象であった為、幕末混乱期のスパイ活動は、
  藩が下士を送り出していたケースが多かったのです。
  千葉道場などの有名道場には、全国から諜報活動の任務を負った者達が集まり、
  お互い情報交換の場としていたのです。
5 龍馬の場合も、形の上では「剣術習得願い」が提出された事になっていますが、
  下級武士からそのような大それた願いが出せるわけでもなく、
  またそれが受理されるほど武家社会は甘くはありません。
  彼は、土佐藩から諜報活動の任務を受け、千葉道場へ送りだされたのであり、
  その証拠に龍馬の江戸行は、藩の家老福岡家の
  「御用日記」にきちんと載っています。
6 幕府は朝廷の動き、またグラバージャーディン・マセソンロスチャイルド
  サッスーン、英国政府の動きが気になるところで、神戸海軍操練所に所属する
  勝海舟と龍馬を使って、戦艦の操縦技術を教わりながら、外国人教官から様々な
  海外の情報を収集していました。そういう意味では、坂本龍馬は土佐藩と徳川幕
  府のダブルエージェントであったといえ、脱藩しているのでどこの藩にも属さな
  い、また度胸がありどこにでも踏み込み、人懐っこく人を惹きつける魅力のある
  龍馬は、グラバーにとって理想的なエージェント(パートナー)と映ったに違いあ
  りません。
7 慶応三年(1867年)11月15日、京都河原町三条の近江屋で、
  盟友の中岡慎太郎とともに、龍馬は幕末の露と消えました。
  坂本龍馬 享年33歳。その暗殺の真相は!
8 当時の時代背景をよく知っておく必要があります。
  フランスは徳川幕府に洋式軍隊建設を働きかけ、武器販売をしようとしていた
  のに対し、グラバー、ジャーディン・マセソンなどイギリス勢は、
  薩長をはじめとする維新軍をけしかけ、武器を売りつけようとしていたのが、
  幕末日本の状況です。
9 日本も、フランスとイギリスにより幕府軍と維新軍に分断され、内戦により
  アメリカ南北戦争の終結で経営難に陥った軍需産業の企業が、
  政府のバックアップで日本市場を狙い、大量の在庫の兵器は上海市場に流れ、
  大小さまざまな欧米の商社が、日本でのビジネスチャンスに狂乱していたのが
  幕末の日本です。
10 戊辰戦争が始まり、ビジネスチャンスを逃すまいと、大量の兵器をジャーディン
  ・マセソン社に発注し、上海に在庫を持つグラバー、焦げ付きを恐れてイギリス
  政府にも働きかけるジャーディン・マセソン商会、維新戦争を絶対のものにすべ
  く、「English policy」 で打倒徳川を明確にし、堂々と公の文書にも維新の志士
  たちをエージェントと書くイギリス政府。
11 もう、この戦争は誰にも止めることが出来なくなっていたのです。
  ダブルエージェントとして全ての裏を知り尽くしている坂本龍馬は、
  船中八策(起草者は後藤象二郎)で公武合体を説き、徳川に恩義を感じる
  公武合体派の土佐藩の山内容堂は、これまた全てが分かっている徳川慶喜とも
  話し合い、大政奉還により、欧米勢が期待するような大きな内戦を防ぎ、
  多くの日本人の命は救おうとしたのです。
12 これに慌て、激怒したのが、イギリス、フランス政府とその武器商人たち、
  そして打倒徳川の薩摩・長州藩であり、グラバー、ジャーディン・マセソン、
  ロスチャイルドの操り人形として、薩長の武器取引の仲介をしていた坂本龍馬は
  孤立し、グラバーにとってはもはや龍馬は邪魔な存在でしかなくなったのです。
13 然し、イギリス・フランス・薩長は、この内戦の好機を逃しません。
  薩長は倒幕の機先を制するため、山内容堂が慶喜に大政奉還の建白書を提出した
  のが1867年10月29日、慶喜が朝廷に大政奉還の上奏文を提出したのが
  1867年11月9日ですが、それを事前にキャッチしていた岩倉具視の画策により、
  その前日に薩長両藩に倒幕の密勅が手渡されていました。
  そして、邪魔になった龍馬が暗殺されたのが、1867年11月15日。
14 坂本龍馬の暗殺の犯人として、①新撰組 ②京都見廻組 ③薩摩藩 ④土佐藩
  ⑤中岡慎太郎 などの諸説が一般的であり、京都見廻組説が主流です。
① 新撰組説は、京都守護職・松平容保公預かりで、
  京の町の治安維持に当たっていた警備隊で、倒幕の志士達を斬り殺しています。
  新撰組が疑われたのは、現場に新撰組の下駄があったとか、
  元新撰組の伊東甲子太郎が暗殺現場に残された鞘(さや)を見て、
  新撰組の原田左之助のものと証言したことなどから、真っ先に疑いが掛かった
  ものの、近藤勇をはじめ、隊士の誰もが関与を否定しており、
  いろんな証言が食い違いすぎいます。
② 京都見廻組説は、京都市中の取り締まりを、主任務とする幕府の警備隊で、
  新撰組と同じようなものですが、元京都見廻組の今井信郎渡辺篤らが後年、
  龍馬襲撃を証言しているものの、食い違いも多く真実と結論付けるには
  至らないものの、倒幕側と見られていた龍馬を暗殺する事は何ら不思議では
  ないので京都見廻組説が主流となっています。
③ 薩摩藩黒幕説は、倒幕を計画し徳川と一戦構えようとしているときに、
  坂本龍馬が公武合体の先方となってしまい、
  徳川慶喜に大政奉還させてしまったので、今後の武器取引にも
  坂本龍馬は邪魔となる存在になってしまったというものです。
  この説は至極自然な考えであると思われます。
  龍馬が土佐藩の山内容堂に「船中八策」(起草者は後藤象二郎)を説き、
  公武合体派の山内容堂が、徳川慶喜に大政奉還の建白書を提出したのが
  1867年10月29日、内戦を避けるために、慶喜が朝廷に大政奉還の上奏文を
  提出したのが1867年11月9日
  その直後の1867年11月15日に、坂本龍馬は暗殺され、
  薩長は徳川を挑発し1868年1月27日に鳥羽伏見の戦いが始まっているのです。
④ 土佐藩説では、中岡慎太郎が死ぬ直前に残した証言で、刺客が土佐弁で
  「こなくそ(=この野郎)」と言ったとしていますが、重要なのは雇ったのが誰かで
  あって、刺客が何弁を喋ろうが重要ではありません。わざとに、土佐藩の仕業に
  見せかけるために、土佐弁を使った事だって考えれるのです。
⑤ 中岡慎太郎説ですが、同じ土佐藩の親友である海援隊の坂本龍馬、
  陸援隊の中岡慎太郎が斬りあったとはとても思えませんし、いつも行動を共に
  していたのですから、いつでもチャンスはあったわけで、何故に大政奉還の直後
  に龍馬を殺さねばならなかったのかという理由がありません。
15 新撰組説、京都見廻組説が、しっくりこないのは、
  彼らにしてみれば倒幕側の坂本龍馬は以前から狙えたわけで、
  わざわざ大政奉還の直後に行ったのは何故かという疑問です。  
  何故なら、龍馬が公武合体を唱えている時期は、むしろ徳川から見れば、
  倒幕派の大物で唯一コンタクトを取る事が出来るのが坂本龍馬であり、
  彼は打倒徳川ではなく、朝廷の下で徳川を他の大名と同じ立場に置き、
  発言権をも認めるというもので、かつ民の事をかんがえると、
  同じ日本人同士で殺し合いをしなくて良いわけですから、
  決して悪い話ではありません。
  即ち、この時期に龍馬を狙うのは得策ではなく蓋然性もありません。
16 坂本龍馬の「船中八策」(起草者は後藤象二郎)・公武合体により、
  内戦を避けるべく龍馬が活動して困るのは、薩摩藩だけではありません。
  誰より困るのは、既に大量の艦船、大砲、銃、弾薬を
  見込みで発注をかけているグラバーであり、不渡り手形に怯える
  ジャーディン・マセソン商会の重役たちです。
17 また、龍馬の海援隊(旧 亀山社中)がグラバー商会のダミー会社として、
  薩長と武器取引していたわけですから、龍馬が戦争反対となれば、
  薩長の立場としては徳川と戦うための武器調達が出来なくなる
  という大問題を抱え込むことになってしまいます。そうなれば、
  もう龍馬に消えてもらう以外に手はありません。ここで甘い判断を
  していると、薩長両藩の存続の危機を迎える事になってしまいます。

黒幕 後藤象二郎
18 龍馬を暗殺した場合、武器取引の商社である海援隊(旧 亀山社中)をどうするか
  という問題ですが、ここで後藤象二郎(共謀者 岩崎弥太郎)のどす黒い影が浮上
  するのです。
19 「船中八策」(起草者は後藤象二郎)を「龍馬案」として山内容堂に提案し、
  功績を挙げた後藤ですが、先にグラバーや薩長両藩と関係のあった
  龍馬のほうが「主役」になり、己が「脇役」になる羽目も業腹で、
  後藤は目論見(武市派一掃・海援隊収奪)通り「龍馬を消す」術策として
  「船中八策」を「龍馬個人案」に仕立て、グラバー・薩長・倒幕派の怒りを煽り
  「龍馬暗殺」を企てたのです。
  こうして義兄東洋暗殺の武市派残党(龍馬・中岡ら)は殺され一掃されたのです。
20 龍馬暗殺の後、後藤象二郎「海援隊」を自分のものとし、「土佐商会」に改名し、
  岩崎弥太郎が主任となり、後に岩崎弥太郎のものとなってゆきます。
  さらに倒産したグラバー高島炭鉱も二束三文で払い下げを受け、
  自分のものとし「蓬莱社」と改名し、これまた後に、岩崎に譲っています。 
21 この2人の悪友の評判は極めて悪く、明治維新の際に、まさしく公私混同、
  インサイダー取引を繰り返し、私腹を肥やしてゆきました。
22 岩崎弥太郎は、言うまでもありませんが三菱の創始者です。
  彼は高知県安芸市の地下(ちげ)浪人の長男として生まれましたが、
  とにかく貧乏で、幼少の頃から奇行や盗み癖が目立ち、
  泥棒をしては何度も刑務所に入っています
  司馬遼太郎龍馬がゆくにも、この事実は記載されています。
23 岩崎は、25歳の時吉田東洋の門下生となり、土佐藩の命で
  長崎に派遣されましたが、藩費を浪費・使い込み、翌年解職されています。
  もっとも、何度も刑務所にブチ込まれている者としては、
  何ら経歴に傷がつくほどの事ではなかったのです。
24 岩崎弥太郎がチャンスをつかむのは、同郷の坂本龍馬が暗殺されてからで、
  後藤象二郎「海援隊」を自分のものとし「土佐商会」と改名し、その主任として
  岩崎を重用してからです。坂本龍馬がつくった海援隊や、グラバーの高島炭鉱は
  後藤が先ず手に入れ、盗み癖よろしく、官営事業払い下げという形で、
  岩崎弥太郎が最終的にそれを手にしています。
  グラバー・後藤象二郎・岩崎弥太郎は一蓮托生なのです
25 特に龍馬から受け継いだ海運事業や武器取引は、
  後に西南戦争日清戦争日露戦争で、
  三菱のドル箱事業となってゆく事になり、後藤象二郎岩崎弥太郎
  坂本龍馬をしゃぶり尽くしているのです。
26 また、維新政府が全国統一貨幣制度に乗り出した時に、各藩が発行していた藩札
  を新政府が買い上げることを事前にキャッチした弥太郎は、十万両の資金を都合
  して藩札を大量に買占め、それを新政府に買い取らせて莫大な利益を得ています
  が、この情報を流したのも新政府の高官となっていた後藤象二郎であります。
  これは明らかなインサイダー取引で、この2人は国を食い物にして私腹を肥やし
  ていました。
27 即ち、三菱は、三井や住友のような老舗の財閥ではないですが、
  (尤も三井は三菱と同じ狢/死の商人です)
  明治維新のどさくさに紛れて、政治家や軍事産業と密接につながり、
  デタラメをやりながら出来た最悪の財閥(最悪の死の商人)と言えます。
  確かに創始者は岩崎弥太郎に違いありませんが、坂本龍馬がいなかったら、
  また暗殺されなかったら、今日の三菱財閥はなかったでしょう。
28 龍馬暗殺の黒幕は、このように、グラバー、ジャーディン・マセソン商会、
  薩長両藩のみならず、土佐藩の後藤象二郎(共謀者 岩崎弥太郎)が、
  坂本龍馬暗殺で最も利益を受けており、龍馬暗殺をさかいに、
  グラバー後藤象二郎(共謀者 岩崎弥太郎)と密接なビジネスパートナーと
  なっていくことからも、龍馬暗殺の糸はたぐられるのです。

 龍馬暗殺の直接の下手人は「京都見廻組/佐々木只三郎」です。
その黒幕はグラバー後藤象二郎(共謀者 岩崎弥太郎)である。

     寸鉄一閃 日本義塾 新村紘宇二 超人クラブ
プロフィール

乞食坊主

Author:乞食坊主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。