2012-05-19

蜂蜜酵素 誕生(2)

   秘蜜のmeal/ミール   

1 「秘蜜」とは「心身立美=蜂蜜酵素」のことです。
2 「meal/ミール」とは「食事=食事力」のことです。
3 「秘蜜のmeal」とは「心身立美=蜂蜜酵素」を
  「主」とした「食事=食事力」のことです。
4 「生命」は「酵素」です。
  「生命」を「大切」にすることは「酵素」を「大切」にすることです。
5 「生きとし生ける生命体は酵素を大切にして生きている」ということです。
6 「酵素が生体内から減少しだした時、生命力は後退し始める」のです。
7 「生命=酵素」=「生命力=酵素力」=「食事=食事力」ということです。
8 「生命」は「酵素」を「食事=食事力」することによって保たれています。
9 人間の基本生活は「食事=食事力」が「原点」です。
10 「食事=食事力」が細くなり、「食事」が出来なくなった時、
  人間は「死」を迎えます。
11 人間の世界は「惑然/わくぜん」の世間であり、
  「天然・自然」の世界ではありません。
12 「惑然/わくぜん」の世間とは、
  *迷惑 *当惑 *疑惑 *困惑 *誘惑 *魅惑 等々の世間体のことです。
13 「惑然/わくぜん」の世間で生きている人間は
  「日々」を「毎日」として過ごしています。
14 その「毎日」に必要不可欠なのが「酵素」の「食事=食事力」です。
15 「酵素は「乳酸菌」の減少に比例し
  4~6歳をピークに20~64歳で半減してしまいます」。
16 つまり、減少分を「補給」しないと、
  生体の「みずみずしさ・しなやかさ」「美しさ」は失われ、
  反対に「老化=老廃物の代謝不能/免疫力・脳活力低下」が加速していくのです。
17 肌荒れ・にきび・しわ・たるみ・むくみ・肥満・万病の元は
  「免疫力・脳活力」の低下が原因です。
18 「赤ちゃん」の「みずみずしさ・しなやかさ」は、
  お母さんの「母乳=免疫力」によって育まれています。
  その「母乳=免疫力」を「雑菌」から守っているのが「乳酸菌」です。
19 「乳酸菌」は「母乳=免疫力」の「守護神」であり、「蜂蜜」以前の「大切」なものです。
20 「蜂蜜」は女王蜂の「フェロモン果実」です。
  人間の「脳」はその「果実」なしには「活性」しません。
21 人間が世間という「惑然界/わくぜんかい」で生き抜くには、
  *迷惑 *当惑 *疑惑 *困惑 *誘惑 *魅惑 等々と
  不断に「お付き合い」しなければならず、
  その「労力」は大変なエネルギーの消耗です。
  そのエネルギーの消耗が「疲れ=疲労=老化」の原因。
  「蜂蜜/果実」の「補給」が「急務」なのです。
22 人間の社会生活は世間体という「体裁」を「負荷」とし、
  その「負荷」を「耐え抜いて」「したたか」に生き抜いているわけです。
  この日常の「負荷/エネルギーの消耗」をいかに「耐え抜くか」が生命の課題です。
  ※日常の「負荷」を「耐え抜く力」=「健力/したたかな」です。
23 「人の生体」は「」が「フェロモン」を分泌して
  「自律的」にコントロールしています。
24 「生きている」ということは「脳フェロモン」の「自律的運動」が「活性」していると
  いうことで、その「脳活力」が失われ、「自律的運動」が「停止」したとき、
  所謂「脳死」であり「死」なのです。
25 「脳フェロモン」の「活性力」こそ「生死」の極みであり、
  絶えず「脳フェロモン」を「活性」させないと「脳」の「活性力」=「脳活力」は失われ、
  「肌荒れ」「失禁」「ボケ」「過眠」等がはじまるのです。
26 「脳フェロモン」を不断に「活性」させる食事=食事力こそが「秘蜜のmeal」です。
27 「心身立美=蜂蜜酵素」(乳酸菌等エキス熟成補酵素+純生蜂蜜果糖)で
  「免疫力・脳活力」を高めましょう。
28 それには、「カンパン」(常備食・非常食のキング)と
  「紅茶」(発酵茶葉のクイーン)が必要不可欠です。
  「カンパン」の「噛みごたえ」が「脳」を刺激し「唾液」を促し「脳」を「活性」させます。
  「紅茶」は「脳卒中予防/期待大」の「熟成発酵茶葉」です。
29 日本人の食生活は「低脳」の極みに陥っています。
  残飯11兆円・残飯処理費2兆円=13兆円強。
  「胃ろうの寝たきり老人」40万人強(予備軍400万人若)。
  原因は「免疫力・脳活力」の「不活」です。
30 人類が置去りにした本能=「脳フェロモン/立美欲」を
  目醒させ復活させるのが「秘蜜のmeal」です。

§『免疫力・脳活力』を活性する食事=
  秘蜜のmeal/ミール を『一日一食』どうぞ。

§『人の多幸は蜜の味
 それが、心身立美
 蜂蜜酵素 です。

     塩梅楼 新村 紘宇二 http://蜂蜜酵素.com
スポンサーサイト

2012-05-07

蜂蜜酵素 誕生

 蜂蜜酵素 誕生

§  コンセプト
1 「天のままに!地のままに!」 ありのままの「蜂蜜酵素」(生命)のお届けです。
2 「生命」とは「神秘な親密関係」(受精・受粉)=
  「蜂蜜酵素」(梵我一如)そのものです!。
3 「酵素」とは「ミネラル」と「タンパク質」が
  「神秘な親密関係」(妙合)にある『触媒』。
4 『触媒』は「潤滑剤」。
  「人体」は「潤滑剤」(触媒/酵素)がないと一切「活動」しません。
5 『酵素』は「乳酸菌」の減少に比例し
  4~6歳をピークに20~64歳で半減してしまいます。
6 「人体」のは、
  「酵素と乳酸菌」の減少に準じて補給することによって保たれます。
7 「人体」が「活動」している「時間」を『生』といいます。
8 「人体」が「不活」している「空間」を『死』といいます。
9 ですから、「人体」を「活動」させる「時間」を伸ばせば、「天命」は延び、
  「人体」を「不活」させる「空間」が迫れば、「死期」が早まります。
10 「人間」の「天命」はあまりにも短く、「死期」はあまりにも早いのです。
11 けれども、「天命」に「意味/価値」がないなら、
  「死命」の「時空」を問う必要もありません。
12 然し、「天命」に「意味/価値」をもたせないと、
  なぜか「生きがい」がないのが事実です!。
13 結局、「人間」は「生きがい」を求めて生きている
  「求道/」の「人体」ということです。
14 「生きがい」とは、なんなのでしょう。
  私は、「求道/」という「体・脳」の働きだと思うのです。
15 私の「哲学」では、
  「体・脳」が「生きがい」という「求道/」を欲するのであって、それは、
  『天のままに!地のままに!』ありのままに、生きること、死ぬことを、
  「求道/」しているわけで、その「求道/」そのものが、
  私の唯一の「生きがい」なのです。
16 だからといって、よそ様に私の「生きがい」を
  お節介に押し売りする気は毛頭ありません。
17 人には、人それぞれの「生きがい」があるでしょう。
18 けれど、「人の不幸は蜜の味」の「生きがい」は『困る』のです。
19 なぜって?!、それは「邪道」という「蛇の道は蛇へび」だからです。
20 「人の不幸は蜜の味」は、
  「邪道」即ち「蛇の道は蛇へび」で、「悪しき習慣/因襲」だからです。
21 確かに、宇宙の科学には、「慣性の法則」があります。
22 その「慣性の法則」こそが、『悪魔の法則』の「原点」のきらいがあるのです。
23 人間にとって、なにが一番『怖い』存在なのでしょう?!。
24 人間は、誰彼なく「地震・雷・火事・親父」が、
  一番『怖い』存在ではないのでしょうか。
25 この「地震・雷・火事・親父」のことわざはまさしく「真理」です。
26 誰でもが「地震・雷・火事」はうなづけます。
27 だけど、「親父」はそんなに『怖い』存在なのでしょうか?。
28 「親父」は『怖い』のです。「親父」は「権力」を意味しており、
  「権力」は「慣性の法則」そのものだからです。
29 「権力」は絶えず「維持」することに「懸命」です。
30 なぜ、「権力」の「維持」に「懸命」となるのでしょう。
31 それは、「権力」は「蜜の味」だからです。
32 その「蜜の味」の正体は「人の不幸は蜜の味」なのです。
33 だから、「権力」を「生きがい」としている「御仁」は『困る』のです。
34 昔の「親父」は「権力者」(父家長)であり、それが「習慣/因襲」だったのです。
35 要は、人間誰しもが「生きがい」を求めて生きているわけですが、
  その「生きがい」が、「人の不幸は蜜の味」では『困る』ということです。
36 なぜ『困る』のか!!?。
37 「矛盾」の意味の説明は省きますが、
  「人の不幸は蜜の味」は『矛盾』の温床だからです。
38 「矛盾」は『困る』「課題」であり、人間は皆その「矛盾」のために
  「矛」をもち、「盾」をもち、『戦争』をしてきたのです。
39 ですから、『戦争』より『平和』を愛する人は、皆「矛盾」を避けたいのです。
40 つまり、「人の不幸は蜜の味」の「権力」は、『戦争』という「最大の不幸」の
  『火種』で、人々は、ひとたびその『火種』を浴びると、
  その『火種』の後遺症から生涯逃れられず、
  死ぬまでその『火種』にもてあそばれ、「生きがい」がそれて、
  「あきらめ」と「おざなり」の「どうでもいい」人生に終始してしまうのです。
41 世の中の大方の人が、「なるようにしかならない」と、
  達観した処世術を身に付けて、
  「人の不幸は蜜の味」の『主客』になり、ともすれば、
  「主」になろうと右往左往していますが、実に「困った」ものです。
42 然し、現代人の課題は、
  万病の元である『生活習慣病』を、まず『打破』することです。
43 それには、『体・脳』の『サビ』を取る「術」を身につけ、
  不断に「励行」することです。
44 『体・脳のサビ』が、『因襲』という『悪い習慣』の「元凶」なのです。
45 『体・脳のサビ』を取り除かない限り、その人の「求道/」は、閉ざされ、
  親鸞聖人がいう、「明日ありと思う心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」
  でお終いになってしまいます!。
46 『体・脳のサビ』は「蜂蜜酵素」(生命)不足が原因。
  補給が急務です。
47 人類の生誕は、『イヴeve』の、「天のままに!地のままに!」
  ありのままの「蜂蜜酵素」(生命)の賜ものです。
48 その人類の祖『イヴeve』だって、ほのかな「初恋」をしたでしょう!。
49 そして、老楽の『茶寿/108歳』を迎えて、
  人間としての生き様を示したのです。
50 だから、『イヴeve』が『賞味』したものを探し当てれば、
  『イヴeve』のような、
  『絶世の美女』のDNAを子孫に遺すことが出来るのです。
51 人類の祖『イヴeve』が『賞味』したもの、
  それは醍醐/だいご(乳酸菌等エキス熟成補酵素)であり、
  『甘露蜜』(蜂蜜)なのです。
52 人類の祖『イヴeve』の時代、化学はありません。農薬はありません。
  あるはただ、「天のままに!地のままに!」
  ありのままの「蜂蜜酵素」(生命)の賜ものだけです。
53 故に、「天のままに!地のままに!」
  ありのままの「蜂蜜酵素」(生命)を創ったのです。
54 宇宙の最高の真理は『梵我一如』です。
55 故に、『イヴeve』が賞味した
  醍醐/だいご(乳酸菌等エキス熟成補酵素)と
  『甘露蜜』(蜂蜜)を『梵我一如』に昇華したのです。
  これで『体・脳のサビ』は「皆除」されるのです。
56 私が、醍醐/だいご(乳酸菌等エキス熟成補酵素)を創り、
  「醍醐製薬」という会社を興したのは、
  24年前の昭和63年(1988年/札幌)でした。
57 しかし、醍醐/だいご(乳酸菌等エキス熟成補酵素)には
  美味がなく、所謂「無味無臭」、ただ単に「褐色の濃い液体」で、
  「大般涅槃経」でいう「衆病皆除」の「神薬」を
  期するだけのだいそれたものでした。
  そして美味にする研究が始まりました。
58 以来24年間の熟成を経て、ここに蘇ったのが、
  「醍醐の秘蜜」『蜂蜜酵素』なのです。
59 「乳酸菌」も「蜜蜂」も、
  人類の祖『イヴeve』の時代からの「神仏の使者/の化神」です。
60 人類の祖『イヴeve』生誕以来16±4万年の時空を経て、
  『イヴeve』が賞味していたであろう
  「乳酸菌」と「蜜蜂」の果実である醍醐/だいご(乳酸菌等エキス熟成補酵素)と
  『甘露蜜』(蜂蜜)が『一如』となって
  「醍醐の秘蜜」『蜂蜜酵素』となったのです。

§ 「醍醐の秘蜜」『蜂蜜酵素』は、世界一の、絶世の美味です。
  「天のままに!地のままに!」 ありのままの「蜂蜜酵素」(生命)です。
  アイの秘蜜(補酵素量X)
  ラブの秘蜜(補酵素量Y)
  イヴの秘蜜(補酵素量Z)
   をご賞味下さい。

§ 『人の多幸は蜜の味』
  それが、醍醐の秘蜜
 蜂蜜酵素 です。

     塩梅楼 新村 紘宇二 http://蜂蜜酵素.com