2013-12-29

資本主義の断末魔 XⅣ

3-4.png

                                                   PDF

                      produce
             資本主義の断末魔 XⅣ
                                              2013・12・10
             聖書の正体 『燔・han』Ⅳ


「イエスの実像」

1.世界中に「要保護者」(弱者)の人達が沢山いる。
2.この人達は臨床的に、例えばベーシックインカムとか生活保護で互助共済するとしても
  現状下では、とても救済しきれていない。
3.その「要保護者」(弱者)が発生する原因を突きとめて、それを除去しなければ、社会正義
  は実現できない。
4.言うまでもなく社会正義を実現する機関が国家であり政治である。
5.だから社会正義が行われてない国家や政治がまかり通っているとき、社会不正義である
  「要保護者」(弱者)が増加する。
6.「要保護者」(弱者)の増減が社会正義・不正義のバロメーターなのである。
7.その増減の最大の原因は私有財産制度に基づく個人主義・利己主義である。
8.私有財産制度においては必然的に個人主義・利己主義にならざるを得ない。
9.結局、全てのサイクルが「私有私腹」・「私利私欲」の競争社会(摩擦・軋轢)となるので、
  人のことなどかまっていられない。
10.人のことは、例え親・兄弟といえども「利用価値」としての「客体」でしかなく、親子関係も
  「利用価値」が基準となる。
11.親が子を生むとき、夫は妻を、妻は夫を「夫婦愛」という形で「受容」する。
12.「夫婦愛」の元には、男女の恋愛や、男女のご縁があって、その男女は結ばれるのだ
  が、その結婚が「政略結婚」であるとか「詐欺結婚」あるいは「擬似結婚」(親が決めた結婚
  とか、できちゃった結婚)等の場合は、相手の「利用価値」が根底にあるので、生まれた子
  供は「利用価値」の産物でしかなく、所謂「夫婦愛」という「愛の結晶」としての子ではない
  ため、その子は必然的に「渇愛の子」として生まれ育つ運命を背負う。
13.イエス・キリスト教の根本は「犠牲愛」(燔愛)である。
  イエスの説いた「愛」は「犠牲愛」(燔愛)だからである。
  「イザヤ書」という呪いの書から生まれたイエスの「愛」は、所詮呪いなのだ。
14.「政略結婚」「詐欺結婚」「擬似結婚」(親が決めた結婚とか、できちゃった結婚)等の場合
  は男女の両方か乃至は片方の者が、この「犠牲愛」(燔愛)の運命に晒されるので、そこ
  に生まれた子はイエス・キリストのように「両親」(父ヨセフ、母マリア)に対して「無視」の
  態度をとる。父ヨセフに対しては100%「無視」、母マリアに対しても一貫して「婦人よ!」と
  して呼び捨てにし100%「無視」の態度をとる。自分が「渇愛の子」(父不明・母不信)だった
  からである。
15.これは完全な「犠牲愛」(燔愛)=「渇愛執着」の姿で、ユダヤ教律法・その第五「父
  母を敬え」に反した「律法違反」の最たるものなのだ。
16.私(新村)イエス・キリスト教を「エセ宗教」として弾劾する第一の理由は、イエスの際
  立った「親不孝」である。
17.イエスは全くの「気の触れた精神病者」である。
18.子にとって親こそが「神」であり、親あっての「自分」なのだ。
19.「自分」を産み育ててくれた親をないがしろにするような、イエスのどこに「神性!」がある
  というのか。
20.イエス・キリスト教という宗教は、人間秩序の根本(親子関係)からして間違っている。
21.イエスほど女の腐ったような女々しい男はいない。イエスが十字架で息を引き取る時、
  「主よ、主よ。なんで私を見捨てるのですか」と、呪いそのものの泣き言を言っている。
22.当時のユダヤ教の人達はヨセフスが斯く言う通り、老若男女を問わず、
  極めて「殉教精神」が旺盛で、泣き言どころか、どんな拷問を受けても、平然且つ毅然と
  して死んでいった。
23.そういう殉教の最中にあって、「我こそはメシアなり、神の子なり」と意気がっていた
  イエスの死に様としては、何と無様な……最後の最後まで神に命乞いをしている有り様
  ……オウムの麻原以下でしかない。
24.イエスが磔になった直接の原因は「神殿冒涜」である。
25.どこの世界に「神殿」に対して「乱暴狼藉」を働くバカがいるのか!!
26.どこの世界だって「神殿」は敬虔な「神殿」なのだ。
27.日本で言えば「神殿」は「神社仏閣」である。その「神殿」=「神社仏閣」の祭事の時に
  「気に食わない」という個人的私情で暴れ回り、露店をひっくり返す等、言語道断のキチガ
  イ沙汰としか言いようのないことをしでかした。ヤクで狂ったポン中ですら、そんなイカレた
  ことはしない。
28.元々、イエス・キリスト教パウロペトロマルコをたぶらかして、でっち上げた虚構
  の物語であり、パウロ自身の『回心』(律法オンリーのパリサイ派から、律法フリーの
  パリサイ派に転向)
に拠るもので、「ナザレのイエス」なる風来坊などどこにも存在しな
  い。
29.パウロ旧約聖書の大預言書「イザヤ書」をネタ本にして、クムラン宗団エッセネ派
  の「義の教師」=「エゼキアス、ユダ親子」をモデルとし、そのエッセネ派から独立開教し
  た「洗礼者ヨハネ」のキリスト教をパクリ、パウロ『回心』(律法オンリーのパリサイ
  派から、律法フリーのパリサイ派に転向)
物語にしたのである。
30.本物のキリストとは「洗礼者ヨハネ」のことである。このことについては別掲 「義の教師」
  と「イエスの実像」をご照覧下さい。
31.要するにパウロというペテン師が、ローマ帝国に阿ねいてイカサマの「愛」=「犠牲愛」
  (燔愛)
=「渇愛執着」(大煩悩・貪欲)を説いたために、その「犠牲愛」(燔愛)=「渇愛執
  着」
(大煩悩・貪欲)が、その後、時の権力者(コンスタンティヌス)に受け入れられ、律法
  フリー・翻って律法無視が世界中にはびこってしまったのである。
32.イエスの「両親無視」という「親不孝」が、パウロ『回心』(律法オンリーのパリサイ派
  から、律法フリーのパリサイ派に転向)
動機で、今風に言えば「親離れ」ということなの
  だ。
33.本当の「愛」というのはイエスの説く「心貧しき者」への「神の国」ではない。
  「心貧しき者」とは「分別の余裕のない者」という意味で、「考える時間すらない」過重労働
  者(奴隷・奴隷予備軍)をいうのであって、この人達への「愛」は「安息日」の順守しかない
  のである。
34.今、私達現代人は日曜日や祭日を「休日」にしている。これは旧約聖書の創設者モーセ
  が、「十戒」を定めてくれた「安息日」(土曜日)という律法のお陰である。
35.この「安息日」という律法をイエスは屁理屈を言って無視し破った。
36.パウロ=「虚像のイエス」は、それまでの律法オンリー・パリサイ派を、律法フリー・パリ
  サイ派
に変えていったのだ。
37.イエスが本当のメシア(救い主・キリスト)ならコンスタンティヌスキリスト教をローマ
  の国教にした時、ユダヤ人は一律に救われた筈である。
38.ユダヤ人ユダヤ教(律法オンリー・パリサイ派)は、むしろ反対に迫害された。架空
  のイエスを殺したというとんでもない嘘八百の濡れ衣を着せられてである。
39.歴史的事実は、タキトゥスがその著「年代記」で斯く言うように「しかし元首の慈悲深
  い援助も惜しみない施与も、神々に捧げた贖罪の儀式も、不名誉な噂を枯らせる
  ことはできなかった。民衆は「ネロが大火を命じた」と信じて疑わなかった。そこで
  ネロは、この風評をもみけそうとして、身代わりの被告をこしらえ、これに大変手の
  こんだ罰を加える。それは、日頃から忌わしい行為で世人から恨み憎まれ、『クリ
  ストゥス信奉者』と呼ばれていた者たちである。この一派の呼び名の起因となった
  クリストゥスなる者は、ティベリウスの治世下に、元首属吏ポンティウス・ピラトゥス
  によって処刑されていた。その当座は、この有害きわまりない迷信も、一時鎮まっ
  ていたのだが、最近になってふたたび、この過悪の発生地ユダヤにおいてのみな
  らず、世界中からおぞましい破廉恥なものがことごとく流れ込んでもてはやされる
  この都においてすら、猩獗をきわめていたのである」
としか記録されていないのだ。
40.それはピラトに処刑された「洗礼者ヨハネ」のことであって、「ナザレのイエス」などとい
  う、気の触れた風来坊のことではない。
41.タキトゥスがいう「キリスト信奉者」とは「洗礼者ヨハネ」より、洗礼を受けた数多の「メシ
  ア信奉者」
=「キリスト信奉者」のことである。
42.遠藤周作「イエスの生涯」を書いたのと同じく、パウロ福音書の絵図を書いたの
  だ。
43.「心貧しき者」の意味すらわからない物書きが得意満面となってイエスの生涯を書いてい
  るが、所詮は貧乏を知らない世間知らずの絵空事で、イエスの説いた「愛」を、「犠牲愛」
  (燔愛)
=「渇愛執着」(大煩悩・貪欲)と理解できず、「右の頬のみならず左の頬」まで、
  権力者の嗜虐趣味の餌食(人の不幸は蜜の味)にしてしまった。
44.畢竟、正当な「労働対価」の100倍~100万倍超の『不労所得』を貪る貪欲な格差社会
  の帝王や貴族達は、紛れも無いイエスが説いた「犠牲愛」(燔愛)=「渇愛執着」(大煩悩
  ・貪欲)の申し子であって、この構図は、「モーセがつき、イザヤがこねし神の餅、座り
  しままに食うはイエス」
なのだ。貪者(どんじゃ・痴れ者)にとってイエスは正に「神」な
  のである。
45.「愛」とは慈悲であり温かい敬意なのだ。左の頬を差し出して嗜虐者(痴れ者)
  満足(人の不幸は蜜の味)に与することではない。因みに、「憎」とは冷たい他意
  (敵意)である。

46.とどまるところを知らない『不労所得』増大の元凶こそ、イエスの説いた「犠牲愛」(燔
  愛)
=「渇愛執着」(大煩悩・貪欲)にあることを、全人類は、とくと知るべきである。

                中世期最大のギガス写本
                  (別名 悪魔の聖書)



  要するに右の悪魔の絵を挿入することによって聖書が「悪魔の聖書」であることを証したの
  である。中に掲載されている悪魔の絵。悪魔に魂を売った僧侶がこの写本を作ったという
  伝説がある。

                                                   PDF

        聖書の正体『燔・han』Ⅴ……ご照覧下さい

                       根絶
                      六大差別
               宗教人種文明制度職業貧富

            日本義塾 主宰 新村紘宇二
スポンサーサイト

2013-12-22

資本主義の断末魔 XⅢ

3-4.png

                                                   PDF

             資本主義の断末魔 XⅢ
                                              2013・11・18
             聖書の正体 『燔・han』Ⅲ


全ての悪は聖書に通ず

1.私(新村)は、聖書悪魔の聖書として、「天誅の断」を下している張本人なので、や
  はりこの事だけは、触れない訳にはいかない。この事とは、イエスの存在」である。
2.イエスは存在した」。但し、複数である。だから福音書でいうナザレのイエスは、そ
  の存在した複数のイエスが、死海文書に出てくるエッセネ派義の教師をモデルと
  して一体化された「虚像のイエスである。ならば、複数のイエスとは。
3.そこで、ユダヤ古代誌(ヨセフス著)に出てくる複数のイエスを拾ってみた。

(1)「やはりそのころ、大祭司オニアスが死んだので、アンティオコスは、その兄弟に大祭司
  職を与えた。まだオニアスの遺児が幼かったからである。しかし、この遺児のことについて
  は、わたしは適当な所でそのすべてを語るつもりでいる。ところでイエスこの人物がオニア
  スの兄弟―は王の不興を買ったため、大祭司職を取り上げられ、代わって王から任命され
  たのは、やはりオニアスと呼ばれているいちばん下の弟であった。つまり、シモンには三
  人の息子がいたが、三人とも一度は大祭司になったというわけである。さてイエスは、名
  前をヤソンと改め、またアニアスはメネラオスとも呼ばれた」(XⅡ-237)
(2)「ところで、シモンは、王と姻戚関係を結ぶほどにはその地位は高くなかったが、さりとて
  無視していいほどその地位も低くもなかった。そこでヘロデは、彼とその娘に格式を与え、
  その地位に栄誉を授けた後、合理的にその目的を達した。すなわち彼は、フェベスの子
  エス
を大祭司から罷免して、その地位をシモンに与え、それから娘と結婚したのである」
  (XV-322)
(3)「さてこのころ、イエスという賢人―実際に、彼を人と呼ぶことが許されるならば―が現れ
  た。彼は奇跡を行う者であり、また、喜んで真理を受け入れる人たちの教師でもあった。
  そして、多くのユダヤ人と少なからざるギリシア人とを帰依させた。彼こそはクリストス(キ
  リスト)だったのである。ピラトス(ピラト)は、彼がわれわれの指導者たちによって告発され
  ると、十字架刑の判決を下したが、最初に彼を愛するようになった者たちは、彼を見捨てよ
  うとはしなかった。すると彼は三日後に復活して、彼らの中にその姿を見せた。すでに神
  の預言者たちは、これらのことや、さらに、彼に関するその他無数の驚嘆すべき事柄を語
  っていたが、それが実現したのである。なお、彼の名にちなんでクリスティアノイ(キリスト
  教徒)と呼ばれる族は、その後現在にいたるまで、連綿として残っている」
  (XⅧ-63-64)
(4)「加えて、アナノスの性格が性格だった。彼はフェストスが死に後任のアルピノスがまだ赴
  任の途中にあるこのときこそ絶好の機会と考えた。そこで彼はスュネドリオンの裁判官た
  ちを召集した。そして彼はクリストスと呼ばれたイエスの兄弟ヤコボスとその他の人びとを
  そこへ引き出し、彼らを律法を犯したかどで、石打ちの刑にされるべきであるとして引き渡
  した」(XX-200)
(5)「そして、この報告を信じたアルビノスは、憤慨のあまり、アナノスにたいして報復を宣言
  する脅迫状を送った。他方、アグリッパス王もアナノスの態度をとがめ、わずか三か月でそ
  の大祭司職を罷免し、後任のダイナイオスの子イエスと交代させた」(XX-203)
(6)「また王はダイナイオスの子イエスを大祭司職から追い、後任にガマリエロスの子イエス
  を指名した。その結果、両者の間に反目が生まれた」(XX-213)
(7)「なお、王はガマリエロスの子イエスの大祭司職を免じ、テオフィロスの子マッティアスを
  大祭司とした。そして彼の下で、ユダヤ人のローマ人にたいする戦争が開始されたのであ
  る」(XX-233)
(8)「ユダヤ人は、バビロニア人のもとにおける七〇年におよぶ捕囚の後、ペルシア人の王キ
  ュロスにより自由とされ、祖国への帰還と神殿の再建を許されたが、そのとき大祭司とな
  ったのは帰還した捕囚のひとり、ヨザダクの子イエスであった。そして、彼を含めたその子
  孫一五人が以後大祭司職を継承し、それはアンティオコス・エウバトル王のときまでつづ
  いた。人びとはこの四一四年間を民主的な統治形態の下に生活した」(XX-233)

4.上記3の通り、ユダヤ古代誌には、なんと、8人ものイエスが出てくる。しかも、その
  エスの中の上記3・(3) 「さてこのころ、イエスという賢人―実際に、彼を人と呼ぶことが
  許されるならば―が現れた。彼は奇跡を行う者であり、また、喜んで真理を受け入れる人
  たちの教師でもあった。そして、多くのユダヤ人と少なからざるギリシア人とを帰依させ
  た。彼こそはクリストス(キリスト)だったのである。ピラトス(ピラト)は、彼がわれわれの指
  導者たちによって告発されると、十字架刑の判決を下したが、最初に彼を愛するようになっ
  た者たちは、彼を見捨てようとはしなかった。すると彼は三日後に復活して、彼らの中にそ
  の姿を見せた。すでに神の預言者たちは、これらのことや、さらに、彼に関するその他無
  数の驚嘆すべき事柄を語っていたが、それが実現したのである。なお、彼の名にちなんで
  クリスティアノイ(キリスト教徒)と呼ばれる族は、その後現在にいたるまで、連綿として残
  っている」
なるイエスこそ、フラウィウス証言として、福音書ナザレのイエス
  あるとし、キリスト教司祭どもは『大嘘』を言うのである。
5.なぜ、『大嘘』なのか。同じヨセフスの著であるユダヤ戦記にも、複数のイエスが登
  場する。とりわけ、下記の一文はマルコによる福音書 3:21 に符合する一文なのだ。

  「しかし、これらの兆しよりももっと恐ろしかったのは次のものだった。戦争が起こる
  四年前(六二年の秋)、都が平和と繁栄をとくに謳歌していたときのことである。ア
  ナニアスの子イエスと呼ばれるどこにでもいる田舎者が祭にやって来ると―この祭
  では神のために仮庵をつくるのが全ユダヤ人の慣習だった―神殿の中で、突然、
  大声で、「東からの声、西からの声、四つの風からの声! エルサレムと聖所を告
  発する声、花婿と花嫁を告発する声、すべての民を告発する声!」と叫びはじめ
  た。そしてイエスは日夜こう叫びながら、路地という路地を歩いてまわった。市民の
  中のその名の知られた者たちは、これらの不吉な言葉に苛立ち、この者を捕まえ
  ると何度も鞭打って懲らしめた。しかしイエスは自分のために弁解するわけでもな
  く、また自分を鞭打った者たちに密かに解き明かすわけでもなく、それまでと同じよ
  うに大きな叫び声を上げつづけた。そこで指導者たちは、事実そうだったのだが、
  ダイモニオン(擬人化された悪霊)か何かに憑かれていると考えて、イエスをローマ
  総督のもとへ引き出した。彼はそこで骨の髄まで鞭打たれたが、憐れみを乞うわ
  けでも涙を流すわけでもなく、ただひどく悲しみに打ち震える調子で、鞭打たれるた
  びに、「エルサレムに呪いを!」と言った。アルビノスが―彼は総督だった(アルビノ
  スは六二-六四年まで総督)―「いったいおまえは何者で、どこからやって来たの
  だ。何のためにこんなことを口にするのか」と尋問しても、それには答えず、都を呪
  う言葉を繰り返すだけだった。結局アルビノスは、気が触れていると宣告して男を
  放免した。以後この男は戦争の勃発まで、市民に接触することはなく、また話して
  いるのを目撃されることもなく、毎日祈りでも唱えるかのように、「エルサレムに呪
  いを!」と悲しみの言葉を繰り返していた。イエスは連日自分を鞭打つ者を呪いも
  せず、また食べ物を恵んでくれる者を祝福もしなかった。男はすべての人にあの薄
  気味悪い呪いの言葉を口にするだけだった。とくに祭ともなれば、一段と声を張り
  上げて叫んだ。こうしてイエスは七年と五か月、相変わらずの調子で、倦むことなく
  嘆きの声を上げつづけた。しかし、都が包囲されて呪いの言葉が成就されたのを
  見ると安息を得た。というのも、そのときイエスは周囲を巡回しながら城壁から「都
  と民と聖所に再び呪いを!」と甲高い声を上げていたが、最後に「そしてわたしにも
  呪いを!」と口にしたとき、投石機から発射された石弾が命中して即死したからで
  ある。こうしてイエスは、呪いの言葉をまだ口の端にのせながら、その命を解き放
  ったのである」(Ⅵ-300)


6.上記5の「呪いを叫ぶ狂ったイエス」は、マルコによる福音書 3:21 にある「身内の者
  たちはこの事を聞いて、イエスを取押えに出てきた。気が狂ったと思ったからであ
  る」
と、明記されている。上記5の圧倒的質量こそ、イエスの実像を顕現しているのだ。
7.どんなイカサマの書物でも、弁証法的検証(特に私(新村)は「交通力と交通関係の矛
  盾」を「量質転化の法則」で昇華)
で、演繹乃至帰納すれば、自ずと真実は得られるの
  である。つまり、ヨセフスユダヤ古代誌は、キリスト教司祭どもによって、都合よく
  改ざんされた偽書と断定できるが、「ユダヤ戦記」は、誇張や意図的年代変更等がある
  ものの、ほぼ真実の史書として讃えられる傑作である。但し、ローマ皇帝への阿きは否
  めない。
8.従って、「イエスは存在した」。という結論である。但し、上記5の「呪いを叫ぶ狂ったイ
  エス」
=「身内の者たちはこの事を聞いて、イエスを取押えに出てきた。気が狂った
  と思ったからである」
マルコによる福音書 3:21イエスである。ヨセフス著「ユダヤ
  戦記」2:258~259⇒不敬虔なペテン師でもある。
9.畢竟、私(新村)は、別添「全ての悪は聖書に通ず」2で、「新約聖書はクムラン宗団
  (エッセネ派・洗礼者ヨハネ・キリスト教)の99%パクリである」
と述べたが、唯一1%
  の真実こそが、マルコによる福音書 3:21 「身内の者たちはこの事を聞いて、イエス
  を取押えに出てきた。気が狂ったと思ったからである」
なのだ。
10.四大福音書と言われる、①マタイによる福音書、②マルコによる福音書、③ルカに
  よる福音書
、④ヨハネによる福音書、の①、③、④は、②マルコによる福音書を模擬
  したもので、真っ赤な偽書である。
11.私(新村)は、アブラハムの宗教(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)の中で、キリ
  スト教
ほど悪質な、99%嘘八百の「悪魔の宗教」はない!と断言する。
12.もし、旧約聖書申命記 23:20~21 に、「同胞には利子を付けて貸してはならな
  い。銀の利子も、食物の利子も、その他利子がつくいかなるものの利子を付けては
  ならない。外国人には利子を付けて貸しても良いが、同胞には利子を付けて貸して
  はならない。それは、あなたがはいっている土地で、あなたの神、主があなたの手
  の働きすべてに祝福を与えられるためである」
と書かれているが、この中で、「外国
  人には利子を付けて貸しても良い」
の一文がなければ、旧約聖書は立派な「物語」
  あり、偽りの少ない立派な歴史書と言っても過言ではない不朽の名著である。
  但し「ブルモテ」の強迫書でしかないが。
13.私(新村)は、旧約聖書申命記 23:20~21 の、「外国人には利子を付けて貸し
  ても良い」
の一文は、キリスト教の司祭どもが、ユダヤ教パリサイ派祭司どもを
  収
して、挿入した一文だと睨んでいる。「買収」有史以来キリスト教の最も得意な裏
  業だからである。
14.要するに、地球上に覆う、人間どもの、「諸悪の根源」は、「人間の人間による金轡」
  あるのだ。この「人間の人間による金轡」こそ、別添「全ての悪は聖書に通ず」3・(1)
  (2)(3)であり、とりわけその(1)である、上記12の「外国人には利子を付けて貸しても
  良い」
に端を発している『金轡による人間の人間による奴隷化』なのである。
15.今、「汎英米帝国圏」世界に君臨し、世界の人々を『金轡』により奴隷化し、あまね
  く『格差』をバラ撒いている。この、「汎英米帝国圏」を更に牛耳っているのが、バチカン
  を核としたキリスト教というエセ宗教なのである。
16.だから、キリスト教『悪魔』を退治すれば、「汎英米帝国圏」『金轡』は、自然に解
  けて、世界『汎神』『自由世界』になり、唯一絶対の聖書の神「ヤハウェ」(燔・ha
  n)
は、その祖先の地である「ブラックホール」の彼方に消え失せるのである。
17.今、人類『不労所得』という『金轡』に喘ぎながら、「貧富の海」溺死さながら泳い
  でいる。今をして、『不労所得』という「バケモノ」を一蹴しないと、人類はその『金轡』
  呪縛により破滅するのである。

                                                   PDF

        聖書の正体『燔・han』Ⅳ……ご照覧下さい

        聖書の正体『燔・han』Ⅴ……ご照覧下さい


                       根絶
                      六大差別
               宗教人種文明制度職業貧富

            日本義塾 主宰 新村紘宇二