--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-11-21

生と死

3-4.png
                                                   PDF

                                               H27・11・21


                       生と死
                      (人類の末路)

『認知症』の高齢者人口比が一段と上昇を続けています。



【日常生活支援度Ⅱ以上の認知症高齢者数の将来推計】
 平成22年(2010) 283万人(9.5%/65歳以上人口比)
 平成24年(2012) 305万人(未算出)
 平成27年(2015) 345万人(10.2%/65歳以上人口比)
 平成32年(2020) 410万人(11.3%/65歳以上人口比)
 平成27年(2025) 470万人(12.8%/65歳以上人口比)

 日常生活支援度Ⅱ(認知症自立度Ⅱ)とは?
 日常生活に支障を来す様な症状・行動や意思疎通の困難等が
 多少見られても、誰かが注意すれば自立できる状態をいう。

 日常生活支援度Ⅲ(認知症自立度Ⅲ)とは?
 日常生活に支障を来す様な症状・行動や意思疎通の困難等が
 ときどき見られ、介護を必要とする。


2015年の現在時点でも上図のように65歳以上の人口比で10.2%、10人に一人は『認知症』です。この『認知症』の人達に加えて、日本では『寝たきり老人』の割合が世界最悪の35%強にのぼります。一見、文化国家のようにみえる、似非天皇制日本国のおぞましさは、全てが『博打経済』=『金儲け主義』=『他人の不幸は蜜の味』に由来している『男子変成』の『性奴隷制度』にあるのであって、この実態を見抜けない限り、見破ることは100%出来ないのです。女性の存在が『性奴隷』の史的存在であることに女性自身が気づかない限り、地球上の人類という動物達は、男性社会=『男子変成社会』なのです。その一番いい例が仏像の『観音菩薩像』です。
観音菩薩は元々女性です。ところが日本の観音菩薩像には乳房がありません。全部乳房を除去した男性像になっています。『女子と小人とは養い難し』孔子が宣ったがために、正々堂々と女子と小人は隷属されてしまったのです。女子は性奴化し小人は『家畜化』されたのです。この実態が投写された社会が現代の『格差社会』であり、高齢者達の『認知症』と『寝たきり老人』の上昇に繋がっているのです。金儲けの餌食となっているのが『認知症』や『寝たきり老人』の増殖であって、それは政策的に意図された『養殖』なのです。女子が化粧品にうつつを抜かし、小人がそのお化けの女子にうつつを抜かし、酒池肉林の生活を夢見て、夢うつつの生活を送っているのが99.99%の現代人の姿で、これが現代社会の『世間様』なのです。孝明天皇を最後に日本の天皇制は終わっているのです。明治天皇とされた人物は、長州藩の下忍である大室寅之祐という単なる図体のでかい雑兵であって、伊藤博文らに『家畜化』された小人の一人に過ぎません。北朝の血筋でもなければ南朝の血筋でもなく、南北朝の血筋とは縁もゆかりもない馬の骨なのです。この似非明治天皇時世に日本は中国や朝鮮に対し一体何をしたのか。日本が世界唯一の被爆国でありながら、その直接の加害者である米国に媚び諂いを売って、沖縄を売国し基地化を強行しているのです。そして明治以降の天皇家?は、なんとキリスト教徒なのです。我が国の天皇は、伊勢神宮の権現であって、元々日本神道の宗家であり、悪魔の聖書に依拠するキリスト教など言語道断なのです。日米開戦の真実は、中国における阿片市場の争奪戦がその火種だったのです。関東軍が何をしたのか!他人の国に『満州国』などという似非天皇国を作ったり、全くもって、明治・大正・昭和・平成の似非天皇日本国は、もう日本であって日本でない国に成り下がっているのです。米国では6千万人の人が格差社会で蹴落とされ生活保護を受けています。人口比でいえば、日本国は2千万人の人が生活保護を受けているはずです。ところが僅か2百万人~3百万人の人達しか生活保護は受けられません。千五百万人強の人達が生活保護以下の生活にあえいでいるのです。そして役人と厚生省が国家予算の大半を医療費や年金に使い果たしているのです。誰が金を儲けているのか。製薬会社、病院、医師、医療関係者ドモが金儲けをしているのです。安倍政権という長州藩の下忍ドモが未だにアコギな悪政を恣にしているのです。似非天皇家が東京の江戸城から、京都に遷都出来ない理由は、弑逆された孝明天皇親子の怨霊もさることながら、真正な天皇家祖先の怨霊が怖くて京都には見向くことすら出来ないのです。日本国民は『江戸時代』を勉強すべきです。日本という国が如何に平和国家であったか、聖武天皇以来400年も死刑制度がなかったり、秀吉の野望ボケによる朝鮮出兵以外、侵略という行為は一切していません。それが長州藩の孝明天皇弑逆に始まる明治このかたの悪政は死の商人(フリーメーソン)の一味となって、弱者の人格と、人としての尊厳を蹂躙し、『認知症』と『寝たきり老人』の増殖に励んでいるのです。この罰当たりな悪政は関東軍残党の馬賊集団自民党が米国フリーメーソンの手先となって、イカサマ博打の『株式市場経済』を犯行しているのであって、日本国民は、中国と韓国から、いずれ途方も無い復讐をされる破目に陥るのです。特に、女子は目覚めなくてはならない。化粧品を買う金があったらその半分でも十分の一でもいいいから、被難民にくれてやれ!。現下の悪政に何も感じない手合は、既に洗脳された『認知症』であり、『寝たきり老人』予備軍であって、自分自身の人格と尊厳を自ら放棄した『女子と小人とは養い難し』(孔子)なのです。困っている人がいるのに、その現実に見向きもしない、電車の優先席を知らんぷりして座っている御仁がなんと多いことか!目を覚ませ!一日三回顔を洗え!少しはベーシックインカムの必須必要性を考えるべきです。私は『共産党主義者』ではないが、『人類は皆家族』だと思っている。その家族の一員が『認知症』や『寝たきり老人』にさせられ、鉄格子の嵌った病院で『死』を迎えることに、限りない怒りを感じるのです。生命あるものは早晩、『死』を迎えます。しかし、『認知症』や『寝たきり老人』で『死』を迎えるべきではない。なぜなら『認知症』や『寝たきり老人』は悪政による『老人虐待』以外のなにものでもないからです。こんな腐った日本に誰がしたのか?孝明天皇親子を弑逆した『長州の下種ドモ』です。その『長州政治』の悪政が明治この方、今日まで150年間続いているのです。我が国で今一番やらななければならないことは『売国長州政治』の打倒であり『馬賊集団自民党』の打倒です。素晴らしい日本を取り戻す唯一の方法は、米国のポチ政治ではなく、中国、韓国(含北朝鮮)、日本の三国が過去の恩讐を超えて平和共存し、私が主張する『共同経済市場』をアジアに構築すれば、世界は『共同組合』の素晴らしさに目覚めるのです。この地球にイカサマ博打の『株式市場経済』が存続する限り人類の『生と死』は『認知症』と『寝たきり老人』の末路しかないのです。

                                                  PDF

                 人類愛の合言葉

                愛する人に三宝の幸せを

            日本義塾 主宰 新村紘宇二

                    
nectar-soma.com
スポンサーサイト
プロフィール

乞食坊主

Author:乞食坊主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。