2016-06-27

ご破算で願いましては!!

3-4.png
                                                   PDF

                                            2016年6月27日

              ご破算で願いましては!!

今年の3月1日に、老刀乱麻を断つ「老義士団」を載せたのを最後に4ヵ月近い月日が経ってしまいました。ご心配をお掛けして申し訳ありません。まだ赫灼として生きております。いろいろと「覚悟」を決めての不退転の決意で「老義士団」の呼びかけをしたのですが、残念ながら、積極的な参加表明をしてくれた老闘士は誰一人としておりませんでした。しかし、「さもあらん!!」の感慨で、「やんぬるかな!!」の一語であります。結局、私が叫び続けてきた「義理人情」の主張は、「利益優先」の資本主義感情を何ら諌めることは出来なかったのです。そこで、なぜ、こうまで、現代人が「利益優先」の、マラソンが好きなのか!?、走り続けるのか!?、3月1日~3月31日まで、じっくりと反省し考え続けました。

その結論は、現代人の99.99%が「ストレス症候群」からくる「解離性ヒステリー」の病魔に冒されていることに気付いたのです。人類は誰彼なく、その遺伝子の中に「奴隷の恐怖=間引きの恐怖」が、「古代奴隷国家」誕生以来、深く根付いていたのです。誰でもが、「奴隷」になりたくないのです。ところが、人類の意に反して、「古代奴隷国家」誕生以来、戦後の国連=資本主義国家・軍事力序列連合の現在に至るまで、姿形は変わったものの、依然としてその実態は「民主的!?奴隷制」そのもので、人類の「奴隷の恐怖=間引きの恐怖」は何一つとして拭い去らられていなかったのです。つまり、人類の遺伝子には、強固にこの「奴隷の恐怖=間引きの恐怖」が、それこそ螺旋状となって切断されることなく、間断と引き継がれていたのです。正に、人類の99.99%がそのストレスを知らず知らずのうちに被っており、その被害が、「ストレス症候群」=「解離性ヒステリー」の病魔であって、現代人を本当に導くとするなら、この「奴隷の恐怖=間引きの恐怖」たる「ストレス症候群=解離性ヒステリー」の「病根」を断たない限り、人類には、幸福も、未来も、何もないのです。

そこで、この5年間、私自身の「煩悩洗浄法」として修行してきた(大自然の絶景中、特に「滝」=「大瀑布/ビクトリアの滝、イグアスの滝、ナイアガラの滝」(写真集)を、一枚一枚厳選し、それを動画用に編集して、自分自身にイベントしたもの)大自然の偉景(偉大な絶景・グレートフォーチュン)に、最後の救いを託し、4月1日より、昼夜を問わず寸暇を惜しみ、最後の命をかけて、人類の恐怖/「奴隷の恐怖=間引きの恐怖」=「ストレス症候群=解離性ヒステリー」を取り除くため、研究を重ねたのです。

やっと出来ました!!。グレートヒーリング・自律神経権衡法(自然治癒力・プログレス)です。先日、6月18日、19日、NHKテレビでキラーストレスという番組を放送していました。余りにも、その偶然に、感動の涙を禁じ得なかったのですが、私が最後の命をかけて取り組んだグレートヒーリング・自律神経権衡法(自然治癒力・プログレス)が、そのまま現代人のキラーストレス=「ストレス症候群」=「解離性ヒステリー」の病魔を取り除ける唯一最効のものだったのです。

私の悲願は、私の凄まじい人生からの解脱でした。昭和15年2月1日に生を受けて間もなく、日本の真珠湾攻撃による日米開戦となり、父も赤紙一枚で戦地にとられ、父不在の極貧の最中、東京大空襲にあい、広島、長崎の原爆投下、そして終戦、父の生死はわからず、進駐軍に「ギブミーキャンディ」の物乞いをし、進駐軍の残飯倉庫に忍び入って残飯を盗んで母子3人が食いつないだ残飯拾いの5歳~6歳、21年父が復員したものの、父の仕事は「闇屋」、6歳の私は父の仕事を手伝って、「闇米」を背負って列車内を素早く逃げまわる大役、どうにか小卒は出来たものの、中2の時に念願の「家出」に成功、後はおきまりの、不良少年、愚連隊、ヤクザとなって、特別少年院を皮切りに、少年刑務所、累犯刑務所と約20年の歳月を「世捨場」(寄場)で過ごし、勉強といえば「広辞苑」一冊を暇さえあれば貪り、獄内で許された、日本通信教育学園の「法律講座」(民法・商法課程)を平均88点で卒、資本論を読破し、弁証法を徹底的に勉強し、42歳で義理人情のないヤクザに嫌気をさし堅気になり、以来34年間、人生とは何か!?を求道し続け、やっと、解脱に至れる、グレートヒーリング・自律神経権衡法(自然治癒力・プログレス)を開発したのです。これでやっと自分自身のおぞましさ(煩悩)から解脱できると同時に、全ての人は、私より酷い人生ではない筈なので、皆さんキラーストレスの毒牙から逃れることが出来るのです。
まあ!!大法螺吹きの戯言とお思いでしょうが、ものは試し、百聞は一見に如かずです。

一度、グレートヒーリング・自律神経権衡法(自然治癒力・プログレス)を試して見て下さい。現在、ハート大学の設立を準備中で、全世界に同志を募っております。老刀乱麻を断つ「老義士団」には誰も参加してくれませんでしたが、どうぞハート大学には有志の一人として、参加してくれることを願ってやみません。

ハート大学.com及び、heart-university.orgをご披見下さい。

尚、日本義塾は政治結社ですので、然るべき後継者に後を託し、私自身は「政治」に関する、あれこれは言わないことに致します。あの忌まわしい戦争法案を可決した安倍晋三一派も、所詮はキラーストレスの被害者なのでしょうから、上杉謙信が武田信玄に『塩』を送った美談に鑑み、私もその猿真似をして、安倍晋三一派に、キラーストレスを治癒する、当該グレートヒーリング・自律神経権衡法(DVD)を、真心を込めて贈呈する予定です。

追伸
私は、中1の時、初恋の同級生がそろばん塾に通っており、その片思いの恋人に逢いたくて、いかに「そろばん」が大切なものであるかと、必死に父母を口説き落とし、その彼女が転校するまで、そろばん塾に通ったことがあります。その時覚えた唯一の教訓が、『ご破算で願いましては』でした。人生つまづいた時は、やり直すしかありません。

人生とは絶えず『ご破算で願いましては』だと思います。
                                                  PDF

                 人類愛の合言葉

                愛する人に三宝の幸せを

            日本義塾 主宰 新村紘宇二

                       
orgism.org
スポンサーサイト
プロフィール

乞食坊主

Author:乞食坊主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる