--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-02-08

復讐法廷

3-4.png
                                                   PDF

                                            平成27年2月8日

                      復讐法廷
                       イスラム国炎上


昨夜(平成27年2月7日午後9時~)テレビ朝日で
『復讐法廷』なるサスペンスドラマがあった。久しぶりに「スカッと!」した内容だった。

このドラマの番組見出しは、
『緊迫の法廷サスペンスドラマ!娘を殺された復讐で犯人を射殺した父親。
100%有罪確定の状況で無罪を勝ち取れるのか?。
人間が人間を裁くことの意味、正義とは何か・・・』というものだった。

ストーリーは、イスラム国の心情そのものだった。

ストーリーの概要は、免罪の司法制度に“復讐”を挑む男と、
まったく勝ち目のない裁判に臨む、熱血の女性弁護士。
田村正和が復讐殺人の被告、竹内結子が熱血の弁護士役を好演。
まるで、復讐殺人の被告がイスラム国で、
それを弁護する熱血弁護士が日本義塾 新村 紘宇二のようだったのだ。

みどころ
人間が人間を裁く権利はあるのか!?司法のあり方を問いかける!!
このドラマスペシャル『復讐法廷』は、
田村演じる主人公の元大学教授・中原誠司はある夜、
ひとりの男・岩崎健二を射殺。岩崎は、中原の最愛の娘・由紀子をレイプし、殺害し、
陵辱した凶悪犯だったが、“法の抜け穴”(免罪制度)によって無罪放免となっていた。
中原が殺害に至った動機は岩崎への憎しみもさることながら、
凶悪犯を罰することができない免罪制度への怒りの爆発だった。
中原は、自らの裁判を通して免罪制度そのものを世に問いかけようとしたのだ。
つまり、それは日本の免罪制度そのものに対する、“復讐”だった。

最愛の者を陵辱されたり『殺害』されると、誰でも“復讐”を誓うのだ。
しかし、“復讐”は“復讐”を生むので『裁判』で決着をつけ、
その“復讐”の連鎖を断ち切るわけである。
ところが、『免罪』という『制度』があると、
例えどんな悪逆非道な『残虐行為』(強盗・強姦・殺人)をしても、『無罪放免』になってしまう。
この『免罪制度』こそキリスト教免罪符の遺物なのである。

私も娘を持つ父親である。もし、娘が、強姦殺人の陵辱を受け、その悪魔の加害者が、
『免罪制度』で『無罪放免』になったとしたら、やはり『復讐法廷』同様、
その悪魔の加害者を、私は必ず、神仏に誓ってでも殺す。

このドラマ(中原誠司)の『免罪者射殺』の行為こそが、
現代社会の根本的な『腐敗』(ユダヤ教・キリスト教・免罪制度)を『退治』する
一人一殺・一殺多生(仏教・イスラム教)の『革命思想』なのである。

イスラム諸国の『石油』を“虐奪”するために、アメリカのユダヤ教徒・キリスト教徒である
『石油マフィア』の拝金亡者が、なりふり構わず因縁をつけ、湾岸戦争を仕掛け、
イラク戦争を仕掛け、アラブ諸国民の分断作戦を仕掛け、
アラブ諸国民同志を“血の復讐戦”に陥れ、『火事場泥棒』を恣にして、
アラブ人の生命財産を“虐殺・虐奪”している白蟻十字軍こそが、
愛娘を、強姦殺人して『無罪放免』された『復讐法廷』の凶悪犯(岩崎健二)なのだ。

私が、黒船以来のアメリカの暴虐(不平等条約・真珠湾攻撃のヤラセ・原子爆弾の無差別
虐殺実験・戦後70年の脱法占領・日本民族の金権洗脳・日本女子のイエローキャブ化・etc)
に対し、糾弾の狼煙を上げたのは、余りにも卑劣な、
小泉と安倍の『売国ゴイム政策』(小泉の郵政民営化による郵政資本のアメリカ売渡し、
安倍の農協民営化による農協資本のアメリカ売渡し…
この二人の父親は韓国人でキリスト教徒
尚、韓国は、既にキリスト教徒に乗っ取られてしまった…
見よ!崔亨黙著 権力を志向する韓国のキリスト教:内部からの対案 新教出版社刊)
に、日本人をコケにした“侮辱”を超えた“陵辱”を観じたからである。

イスラム国の人々も同じである。“侮辱”を超えた“陵辱”に炎上したのだ。
虐殺・虐奪されているのはイスラム国の人々であり、日本人である。
陵辱殺人を恣にしているアメリカのユダヤ教徒・キリスト教徒
追従している小泉・安倍売国奴ゴイム共、
アベノミクス体制翼賛マスコミ(電通以下、殆どがキリスト教韓国人が支配)に、
洗脳された日本国民は、あたかも、9・11が『テロ』であるかのように鵜呑みにしている。
9・11はCIAが仕組んだ石油虐奪作戦なのだ。金儲けのためには手段を選ばないのが、
ユダヤ教徒・キリスト教徒白蟻十字軍である。

なんでこんな『鬼畜共』が『無罪放免』されてのさばっているのか!
日本人よ目を覚ませ! 魂を喚起せよ! 小義に生き大義に死ぬのだ
『一寸の虫にも五分の魂』があるのだ! 虫以下になってはならない!
キリスト教徒に犯された韓国の二の舞いになってはならない。
貴方も日本人の一人なら、『我欲を我慢して我浄に殉死すべし』。
イスラム国の人がイスラム教に殉じてジハードしているように!!

“侮辱”を超えた“陵辱”にさらされると、いかなる民族も炎上するのだ。
イスラム国よ頑張れ!! 巨悪は白蟻十字軍にあり。


                                                   PDF



                       救いの偈
                     人類の合言葉
                slave0・スラブゼロ

            日本義塾 主宰 新村紘宇二

                       
satan-x.com
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

乞食坊主

Author:乞食坊主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。