--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-01-02

救い(3)

人々として百万年人間として一万年
人外として百年それで人類は終わり


「人三化七/にんさんばけしち」という言葉があります。
人間が三分で化物が七分の意です。
或いは「人畜生/にんちくしょう」とか「人非人/にんぴにん」とか、何れも人であって人でない人間以下の下等動物を侮蔑してなぞらえた言葉です。
という言葉が歴史上至る所に散見している事は、凡そ『人間』以下の振る舞いを恣にしている輩/ともがらが数多/あまたにいるということで、歴史は意外と正直に人間観察をしていたのです。
私(聖 四門)は、『人』の歴史は以下の三段階のステップを経て『終焉』すると確信しています。
第一の段階は『人々』として百万年、第二の段階は『人間』として一万年、第三の段階は『人外/にんがい』(人でなし)として百年、で、後はないのです。
そして『人外/にんがい』(人でなし)の歴史がいつ始まったかというと、それは西暦1945年(昭和20年)8月6日の広島への原爆投下のその日です。
この日からの『人間』は最早『人間』ではなく『人外/にんがい』(人でなし) そのもので、人道から外れた奈落の迷路即ち『外道』に入ってしまったのです。
そうして「奈落の迷路」で迷走し、ひた走りに走り続けて今日の『迷宮』で明け暮れているのです。
『人』として生まれ、『人々』として百万年を過ごし、阿漕な『人間』に変異して一万年過ごし、そして、あろうことか悪魔に身売りして『人外/にんがい』(人でなし)に成り下がり、既に六十五年の歳月が過ぎました。
『人々』としての百万年、の百分の一である一万年を『人間』、更に一万年の百分の一である百年が『人外/にんがい』(人でなし)の歴史なのです。
となると、後三十五年で『人外/にんがい』(人でなし)の歴史は終わるのです。
つまり、『人』の歴史は、西暦2045年8月6日をもって『終焉』するのです。
この私(聖 四門)の科学は『哲学』という科学で、極めて高度な『霊理霊妙』の「帰納」であり「演繹」なのです。
今、『人外/にんがい』(人でなし)達は『核』の市場で迷走しているのです。
既にあちこちに拡散し留まるところを知りません。
「弾圧が内乱を誘発する」が如く、『核』の誘惑は「誘発」を招き、「誘発」はやがて『爆発』するのです。
誰が『爆発』の引き金を引くのか!!。
それは『人外/にんがい』(人でなし)という、悪魔に魂を売った『魔者』です。
この『魔者』が、第二次世界大戦後の世界を支配し君臨しているのです。
この『魔者』は『気違いに刃物』の類で、げに恐ろしき悪魔の奴隷達なのです。
さて『人』『人々』に化けている『人外/にんがい』(人でなし)という『魔者』をどうやって『救う』のか!!。
この者達を救わない限り、人類に明日はないからです。
前頁、救い(2)最下段の通り、『大慈大悲』『真心』『喚起と涵養』しかないのです。
その実践は、私(聖 四門)の『神妙力』を信じ信仰し、『帰依』することなのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

乞食坊主

Author:乞食坊主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。