FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-01-09

天女降臨(9)

三親の情(親愛の情・親身の情・親切の情)を喚起せよ
三親の情(親愛の情・親身の情・親切の情)を涵養せよ

盲目にして盲動的な「国家的人間」と「帝国的人外」の一万百年の歴史は、
西暦2045年8月6日をもって『終焉』し、
同時に人類の『奢り/おごり』の生活は『終末』を迎えます。
これは、私(聖 四門)の『魂』に降臨なさっている『天の川 水神・蘇摩天女』様の
『預言』であり、軽薄な『人間と人外』の鈍智の及ぶ所ではないのです。
聖書の神・ヤハウェは、怒りの神であり、ジェノサイドの神でした。
ヤハウェの言う事を聞かず、勝手放題の我儘ばかりをしている人類を怒り、
ノア一族だけを扶け、他の人類を大洪水を起こして悉く殲滅したのです。
やはり洋の東西を問わず、『人間と人外』は絶えず『神』を怒らす存在なのです。
これは、ヤハウェの神格が『父性』であって『母性』ではなかった為です。
それは男の怒りであり「怒髪天を衝く」怒涛の怒りだったのです。
他方『蘇摩天女』(以下ソーマ天女)様は、決して怒らず、
只管『三親の情』(親愛の情・親身の情・親切の情)を一切生類に留まらず、
一切諸物に対し、万遍なく降り注いでくれているのです。
そして、この『三親の情』(親愛の情・親身の情・親切の情)の『喚起と涵養』こそが、
人類再生の唯一の『糧』であると「預言」しているのです。
万物に対し親愛の情で接し、万人に対し親身の情で接し、万国に対し親切の情で
接することを教え諭してくれているのです。
もし仮に、この『三親の情』(親愛の情・親身の情・親切の情)をもって日常を自律したら、
人類に争いはなくなるのです。
現代人の気風は、『ソーマ天女』様の教えである
『三親の情』(親愛の情・親身の情・親切の情)を全く無視した、
『不親愛・不親身・不親切』そのもので、だからこそ、
戦争や諍い、横暴や横柄が罷り通っているのです。
私(聖 四門)は『ソーマ天女』様の基本的な教えである
『三親の情』(親愛の情・親身の情・親切の情)での応接を守り、
一切他生を『飼育』せず、『贅と税』にまみれる事なく、
日常生活を自律する事を日夜『誓願』し『実践』し『布教』し、
己を含め全人類に『これしかない!!』『救い』を訴えるのです。
人類の『終焉』と『終末』まで後三十四年七ヶ月しかないのです。
この『因果応報』の法則を信じようとしない『人間と人外』の浅ましさに、
私(聖 四門)は涙が止まりません。
この涙は『ソーマ天女』様の『預言の涙』で、余りにも『人間と人外』の、
せねばならない『三親の情(親愛の情・親身の情・親切の情)さ、
してはならない『飼育』のさ、
まみれてはならない『贅と税』のさ、
に対しての痛恨の涙でもあるのです。
『生』ばかりに被れて『死』を忌み嫌う『人間と人外』の業突に、何故
『ソーマ天女』様は聖書の神・ヤハウェのように『天罰』を下さないのでしょう。
それは『ソーマ天女』様の神格が『母性』だからなのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

乞食坊主

Author:乞食坊主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。